ふるたみちよの活動日誌(13年3月)

2013年1月 2月

 3月
31日



 5ラウンドの忙しい充実した1日でした 合間を縫って受任者集め

 日曜市での街頭宣伝、夷山婦人会、新日本婦人の会県本部委員会、地域住民投票の会、建設労働組合分会総会でご挨拶の5ラウンド、そしてその合間を縫って受任者集めに。本当に忙しいけれど、充実した1日となりました。

 日曜市での街頭宣伝は、上村きょう子参議院予定候補と共に行いました。たくさんの方が激励してくれたり、立ち止まって聞いてくださったり、「がんばれ」と声をかけてくれたり、うれしかったです。

 夷山婦人会では、地震・津波についてお話をしてくださいとのことでしたので、担当課からいただいた資料を広げて、お話ししました。「釜石の奇跡」、「津波てんでんこ」についてもお話ししました。

 その後もそれぞれの会に出て、県政の状況や新町西再開発住民投票のことなど訴えさせていただきました。
                             

 3月
30日



 ゆきとどいた教育をめざす徳島県連絡会 総会

 12年度の活動のまとめ、13年度の活動方針などを決めました。
 その後、「安倍流教育改革の中身とは」と題しての学習会が開かれました。憲法を変え、戦争のできる政治を行うためには、教育を変える必要があると「教育再生」を計画しているのが今の安倍内閣、内容を知ると本当に恐ろしくなりました。憲法9条を守り、戦争をしない、教え子を2度と戦場へ送るまいと取り組んできた先輩の方々の運動をしっかり引き継いでいかなくてはと思います。

 建設労働組合の分会総会で、住民投票への取り組みの訴え

 3月28日から始まっている住民投票を求める署名にご協力のお願いをしました。受任者に新たになってくださった方もいて、本当にうれしいです。さらに広げたいと思います。

                                    

 3月
29日



 朝の街頭宣伝

 徳島駅前で、上村きょうこ参議院予定候補、古田元則書記長と共に行いました。私は、沖縄の辺野古埋立反対、オスプレイの低空飛行訓練反対の思い、また、新町西再開発の住民投票成功へ向けてがんばる思いなど訴えました。

       
            訴える上村きょう子参議院予定候補

       
            思いを訴える私

 官邸前行動に呼応する原発反対徳島駅前行動

 徳島駅前37回目の行動に参加しました。原発をやめて、自然エネルギーへの転換を進めようと訴えました。初参加の人や外国の方3人も一緒にデモ行進をしました。

 3月
28日



 新町西再開発の住民投票求める署名は、今日3月28日〜4月28日まで

 渡せていなかった受任者の所へ署名簿を渡して、集めて下さるようお願いして回りました。まだ目標に足りません。1ヶ月間の署名期間、全力でがんばり抜きたいと思います。ぜひご協力ください。

                                   

 3月
27日



 いよいよ明日から住民投票求める署名開始

 5000人の受任者、7万人の署名目標めざして、何としてもがんばり抜きたいと思います。しなければならない課題がいっぱいあって、体が2つほしいところです。

 男女参画・人権課

 男女共同参画課の再設置を求める運動の結果、人権推進課の名前を変えて、男女参画・人権課と変更しました。36の女性団体、104人の個人が名前を連ねて、何度も申し入れなどを行ってきました。その思いをくみ取り、名称を変えましたが、名前だけでなく、各部署に関連する大きな課題です。職員も増やして取り組みを強めていただきたいと思います。

        
        昨年11月21日に再度申し入れをしたときの様子

 3月
26日



 仁比そうへい比例候補を迎えての決起集会

 仁比そうへい比例予定候補、上村きょうこ参議院選挙区予定候補がお話しする決起集会が開かれました。会場いっぱいに集まり熱気あふれる決起集会となりました。

       
            熱い思いを語る仁比そうへい比例候補

       
 社会保障の充実をめざす政治へと思いを語る上村きょう子予定候補

 午前中は、孫達と桜がいっぱいの西部公園へ

 春休みに入った孫達と桜がいっぱい咲き誇る西部公園へ行きました。満開に近い西部公園は花見客で賑わっていました。とてもきれいでした。

       

       

 3月
25日



 朝の街頭宣伝

 塀本市議と共に二軒屋駅前で街頭からの訴えを行いました。塀本市議は、新町西住民投票を成功させるためにご支援をと訴えました。私はTPP問題、原発再稼働反対の問題、オスプレイなど低空飛行訓練中止を求める問題について訴えました。

       
               熱く訴える塀本市議

 午前、午後、夜と会議が続く

 県議団会議、恒例の会議、八万住民投票の会と続きました。いろいろな会議で熱い論議を行いました。

 3月
24日



 住民投票 受任者あつめ

 古田元則書記長と共に、参議院選挙への訴え、受任者集めにがんばりました。「新町西再開発は、やっぱりおかしいですね」「音芸ホールは、動物園跡地にいいものを作る方がいい」「音芸ホールでは活性化にならない」「154億円ものお金を使うのに、市長独断で進めるのはおかしい」「受任者になります」などといろいろな激励などいただき、本当にうれしかったです。

 住民投票 署名集めは、3月28日〜4月28日まで

 いよいよ住民投票を求める署名集めの開始が迫ってきました。3月28日から1ヶ月間です。受任者になっていただいた方々に説明をしながら署名簿を届けているところです。全力でがんばりきらねばと思います。
                                   

 3月
23日



 春を感じる蕗

 小さな庭の片隅に蕗がいっぱい出てきました。今日は収穫し、卵とじにして食べました。春の味です。毎年蕗の料理をすると、春が来たなあと思います。

       

 午後は会議

 「新町西再開発は住民投票で決めよう」の取り組みについて論議しました。参議院選挙に向けて、「つどい」の計画も立てました。課題がいっぱいで熱い論議が続きました。

 夜はご挨拶回り

 Tさんの案内で、上村きょう子参議院予定候補と共にご挨拶回りをしました。「何としてもがんばってほしい」「国会討論などを聞いたり見たりしていると、筋を通してがんばっているのは共産党だと思う」「応援します」などとうれしい激励をたくさんいただきました。

 3月
22日



 朝の街頭宣伝

 徳島駅前で、上村きょう子参議院予定候補、古田元則県書記長と共に行いました。県や地区の常勤の方々が参議院選挙に向けてビラ配布を行いました。また消費税をなくす各界連絡会のみなさん等が宣伝行動を行いました。

       
        訴える上村きょう子参議院徳島選挙区予定候補

 原発ゼロ徳島連絡会のみなさん 県知事宛に申し入れ

 服部敏彦徳島大学名誉教授ら9人が参加して、飯泉知事宛に、原発の廃炉、新規建設の撤回、低エネルギー社会への政策転換を国へ求めるよう要請しました。また、伊方原発の再稼働を止めるよう愛媛県知事に要請することも求めました。八幡道典政策創造部長が対応してくれました。飯泉知事は、自然エネルギーをしっかり進めようと立場でいること、伊方原発の問題では、愛媛県知事を支持してやっていくとのこと、もう少し即時原発ゼロへの立場に立っていただきたいと思います。

 原発ゼロめざす金曜日行動(第37回)に参加

 「原発ゼロ、自然エネルギーへの転換を求める徳島連絡会」の皆さんと県知事宛に申し入れしたことを訴えました。集会の途中で、雨が降り出しましたが、がんばって四国電力徳島支店へのデモ行進を行いました。

       
           そごうエスカレーター前での集会の様子

 3月
21日



 達田県議と打ち合わせ

 午前中は、県庁へ。達田県議といろいろ打ち合わせ。

 佐那河内村長と議員の皆さんへ申し入れ

 以前に問題となっていた「農業6次産業化事業」に関わる申し入れを行いました。私も一緒に参加しました。監査報告が出されていて、全体としては問題なしとしていますが、@佐那河内村農業振興協議会に相談なしにしたのはなぜかA詐欺で逮捕された「松井忠志氏」の招聘はどのような過程で決まったのか。人選に問題があったのではないかB事業を行う前には、十分な事前調査や費用対効果をきちんと行い、損害の責任はどこにあるのかを明確にすべき等を求めています。そうした反省の上に立って、再発防止策を策定すべきと提案も含めて申し入れを行いました。

 3月
20日



 住民投票請求署名 出発式

 中嶋信徳島大学名誉教授、末永弘之岡山県津山市議を講師に迎えて、住民投票 出発式を行いました。
 末永市議は、津山アルネの再開発についてお話しされました。店舗がたちゆかなくなるとアルネビルの大きな店舗天満屋に安く貸す、しかし、音楽ホールへ来たお客さんは、買い物するわけではない、数字で明らか。再開発事業の地権者は、反対するものには、たくさんのお金を積んで賛成させたそうです。そのため、75億円もの不明金が出て、特別委員会で追及してきたそうです。
 中嶋信先生は、「住民合意の地域づくり」と題して、講演されました。

      
         資料を見せながらお話しされる末永市議


      
          熱くお話しされる中嶋信先生

 夜は会議

 衆議院選挙の総括と参議院選挙に向けての課題などについて論議しました。

 3月
19日



 八万幼稚園の修了証書授与式

 かわいい幼稚園児54名の修了証書授与式に参列させていただきました。とってもしっかりした卒園児の姿に驚き、感心しました。心に残るいい終了証書授与式でした。

        
   修了証書を受け取るとみんなに見せ、堂々と自分の席へ戻ります

        
         先生と卒園児達がお別れの言葉を掛け合います

 県議団会議

 いろいろな課題について論議。日程の確認や今後の取り組みなど、話し合いは続きました。

 3月
18日



 朝の街頭宣伝

 二軒屋駅前で今日はひとりで行いました。住民投票への協力の訴え、TPP正式参加表明の撤回について、県議会での2つの意見書採択についてなど訴えました。

 八万小学校の卒業証書授与式

 ご招待いただいたので、八万小学校の卒業証書授与式に参列させていただきました。男子58名、女子45名の合計103名の卒業生を送り出しました。とても素晴らしい卒業式でした。

        
         5年生と6年生の送別のことばや歌のやり取り

 徳島市民劇場 前進座公演  夢千代日記

 体内被曝という宿命を背負い、余命1年という診断を受けながらも、周りの人を気遣い懸命に生きている”たたかう夢千代”を前進座が、生の舞台の迫力で演じました。感動的な舞台でした。

 3月
17日



 日曜市での街頭宣伝

 日曜市での街頭宣伝は、久しぶりです。上村きょう子参議院予定候補、古田元則県書記長と共に行いました。TPP交渉参加は、徳島県に大きな影響が出ることなど訴えました。

       
          上村きょう子参議院予定候補と訴える私

 街頭宣伝の後、上村きょう子参議院予定候補と挨拶回り。たくさんの方から温かい激励をいただきました。夏の参議院選挙の前進めざしてがんばり抜きたいと思います。

 
 3月
16日



 第9回 全国ほんもの体験フォーラムin徳島

 全国からお客さんを招いて、ほんもの体験フォーラムin徳島が開かれました。私も参加して、共にお祝いしました。次の日程があったので、開会行事と第一部しか見ることができませんでしたが、徳島県商工労働部観光国際局、南阿波よくばり体験インストラクター石本知恵子さん、一般社団法人そらの郷理事の杉本孝司さんが南部地域、西部地域で取り組んでいる修学旅行生受け入れや体験学習、民宿などの取り組みなどを楽しく報告されました。

       

 3,15のつどい

 「21世紀を平和と人権の世紀へ」と題して、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟中央本部会長 柳河瀬 精さんがお話ししてくださいました。3,15大弾圧から85周年となります。弾圧がどのようなものだったか、戦後世界では、人道に対する犯罪、歴史問題の処理が世界の流れになっているのに、日本政府は全く治安維持法が悪法と認めていません。
 人権の確立をめざし、歴史認識を正すことが、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟のたたかいだとお話され、国民的運動にしていこうと呼びかけられました。

       
          熱く語る柳河瀬 精中央本部会長

 3月
15日



 朝の街頭宣伝は、徳島駅前で

 上村きょう子参議院予定候補、古田元則書記長と共に行いました。上村予定候補は、看護師の経験から医療改悪の問題、TPP交渉参加は医療分野にも大きな影響が出ること、消費税増税は力を合わせて止めさせようなどを訴えました。
 私は、TPPへ参加すると農林漁業にも大きな影響が出ること、徳島県への影響は、農産物7品目、林業、漁業合わせて329億円もの影響が出ると県が試算していること、また県議会閉会に当たって、TPPとオスプレイの低空飛行訓練反対の2つの意見書を可決したこと、反対討論をしたことなど訴えました。

       
           やさしく訴える上村きょう子予定候補

 徳島文理大学、短期大学の卒業式に参加

 1047名の卒業生に卒業証書を授与する式でした。規模の大きさにびっくりです。素晴らしい式典でした。驚いたことはもう一つ、県外からたくさんの学生が来ていることです。10数人の代表が卒業証書を受けましたが、そのほとんどが県外から来ている学生でした。村崎理事長から私学への補助金を増やしてくれるようがんばってほしいと要望されました。

 金曜日行動に参加

 官邸前行動に呼応する金曜日行動に参加して、伊方原発の再稼働中止を求める署名と原発ゼロへの思いを訴えました。上村きょう子予定候補も参加して訴えました。素晴らしい候補者です。

       
              署名を呼びかける私

 3月
14日



 2月議会 閉会日

 それぞれの委員会の委員長報告の後、達田県議が反対討論。徳島化製事業協業組合への補助金1億2280万、鉄道高架への予算、内環状道路への予算3億円などに反対。また、退職手当の削減が15億円にもなることにも反対しました。その他、主任介護士の資格を得るための研修代を資料代の5000円から2万5千円に値上げをする議案など反対と討論しました。

 私は、県立図書館の図書購入費を1億円からどんどん引き下げ、3250万まで下げてしまったことを示し、増額するよう求める請願は、採択するよう討論しました。また、国連の勧告や全国市長会も求めている最低保障年金制度の創設を願う意見書を国へ挙げてほしいとの請願は、高齢者をはじめ、みんなの願いであり、採択すべきと討論しました。

 その後、議長、副議長の選挙、常任委員会、特別委員会などの委員長、副委員長の選出を行いました。閉会の議事日程をすべて終えたのが、1時過ぎ。ほっとして、達田県議と昼食に。食後においしいケーキとコーヒーも楽しみました。

 控室の引っ越しの準備

 2名になったことで、控室が少し狭くなります。片付けたり、資料をまとめたりがんばりました。長い間に貯まった資料などがいっぱいです。すっきり整理したいものです。

                                

 3月
13日



 3,13重税反対決起集会

 消費税増税、年金引き下げ、生活保護費削減など国民への増税は許せません。みんなで跳ね返していこうと集会を開いた後、デモ行進をして市役所や税務署に集団申告をしました。私も参加して、その思いを共にし、激励しました。日本共産党徳島県委員会を代表して、上村きょう子参議院徳島選挙区候補がご挨拶をしました。

       
   挨拶する上村予定候補と私、中野、塀本、加戸、見田、船越の各氏

       
    重税反対の垂れ幕を持つ上村きょう子予定候補(左から二人目)

 議会運営委員会

 14日の閉会に向けて、議事日程などを決める議会運営委員会が開かれました。今議会、87議案が提案されましたが、その内6件について反対討論を、達田県議が行います。
 私が、請願の内2つの請願(最低保障年金制度を作るよう国へ意見書を挙げてほしいという請願、県立図書館の図書購入費の増額を求める請願)について継続でなく採択せよと討論をします。

 徳島大学教授 中野晋先生を招いて議員学習会

 3連動地震、津波対策などに関して、学習会が開かれ、私も達田県議とともに参加しました。香川大学との連携も行い、人材養成に取り組んでいくそうです。やはり、大きな災害の際に、リーダーシップを発揮できる人材が大切ですね。取り組みに大きな期待をしたいと思います。

       
            熱い思いを語る中野教授

 3月
12日

(火

 反対討論作成

 14日の閉会に向けて、達田県議と共に反対討論の作成にがんばりました。いろいろ調査しながら書くので、時間がかかりました。私は請願2つについて、継続ではなく、採択せよと討論します。一つは、県立図書館の図書購入費の増額についての請願、もう一つは、最低保障年金制度の創設を求める意見書を国へ挙げてほしいという請願です。

 集金

 議会の日程などで、集金に行けていなかったので、がんばりました。Kさんの所へ行くと、たくさんの受任者を集めてくださっていました。本当にすごいです。感謝、感謝です。

                               
                               
 3月
11日



 朝の街頭宣伝

 二軒屋駅前で、塀本市議と共に行いました。塀本市議は、新町西再開発の住民投票について訴えました。TPP問題やオスプレイの低空飛行訓練反対の意見書を提出するよう求めたことなど訴えました。

        

        

 会長・幹事長会議

 4月からの所属委員会などを決めました。また2つの意見書(TPPに反対する意見書、オスプレイの低空飛行訓練反対の意見書)が提案されました。13日が議会運営委員会、14日閉会となります。

 我が家のサクランボ満開

        

 3月
10日



 夷山婦人会の日帰り旅行

 ずっと以前から予定していた日帰り旅行に参加しました。京都の天橋立カニ食べ放題です。お腹いっぱい夢中で食べてきました。前日の暖かい陽気はどこへやら、薄着で出かけたので、寒くて寒くて本当に大変でした。雨は小雨でしたが、降ってくるし、風が強いし、とにかく寒かったです。しかし、参加したご近所の方々といろいろお話しできて、良かったです。

       
     カモメがいっぱい寄ってきた観光船の中から撮した天橋立

 3月
 9日



 山原健二郎さんの第10回南炎忌

 83歳で亡くなられた山原健二郎さんの第10回南炎忌に出席しました。故山原健二郎議員の国会で追及する姿や日曜市で迫力いっぱいの街頭演説する映像を見ました。本当に素晴らしい活躍をされていたことを改めて思い出しました。故山原健二郎衆議院議員の意志を継いで、がんばらねばと思います。

       
              映し出された故山原健二郎議員

       
 仁比聡平比例予定候補(左から2人目)と浜川ゆりこ高知選挙区予定候補(3人目)を囲んで

       
 3月

8日



 朝の街頭宣伝

 上村恭子参議院徳島選挙区予定候補、古田元則県書記長と共に、徳島駅前で街頭宣伝を行いました。国政の問題について日本共産党の政策をていねいに訴えました。拍手してくださる方もいて、大変良かったです。

       
              上村恭子予定候補と共に訴え

 県議団会議、その後、議案調査

 2月議会に提案された議案について、一つひとつ担当課にお聞きしたり、インターネットで調べたりして賛否を決めていきました。

 夕方6時からは、官邸前行動に呼応する原発再稼働反対金曜日行動
 私も参加して、精一杯訴え、デモ行進しました。

       

 2013年 3,8国際女性デinとくしまの学習会に参加

 弁護士 筒井 由果さんが、「憲法改正問題と憲法9条」「国防軍とんでもない!憲法改悪許さない」と題してのお話でした。憲法と法律の違いをわかりやすくお話してくださいました。

       
      ていねいにわかりやすくお話しする筒井由果弁護士

 3月
 7日



 参議院徳島選挙区に上村恭子さん立候補予定 記者会見

 上村恭子さんが、参議院徳島選挙区に立候補を予定していることで、記者会見をしました。達田県議と共に見守りました。看護師を長年続けてこられた上村恭子さんは、県委員会の医療・福祉対策部長、女性部長として、安心して受けられる医療、TPP反対、消費税増税や社会保障改悪を止めさせる、オスプレイなど低空飛行訓練の中止、憲法9条を守る、そうした国民のための政治をめざす決意を述べました。

        
            堂々と記者会見をする上村恭子さん       

 生活相談

 昨日の委員会で一段落なので、寄せられていた生活相談の解決にがんばりました。所得税に関する件でしたので、民商の山本さんにお願いして、解決のために力をお借りすることにしました。

 政務調査費 返還

 監査請求の結果は問題なしでしたが、訴訟になると県財政から支出されるため、私たちは、返還することを決め、手続きを進めてきました。なかなか了承まで時間がかかりましたが、今日返還の納付書が届きましたので、返還することができました。

                          

 3月
 6日



 過疎・人権特別委員会

 臨時教員を正規教員へ、PM2,5の情報伝達について、生活保護受給者に対する住宅支援について、障害者法定雇用率の改定に向けての取り組みについてなど質問しました。

 埼玉県のアスポート事業を参考に

 埼玉県では、生活保護受給者に対する支援事業、教育、就労、住宅の3事業をセットで取り組んでいます。埼玉県のように、無料低額宿泊所を作ること、住宅さがしから入居の支援、入居が決まってからも就労支援など総合して、行っています。今回は、住宅支援の取り組みを進めるよう質問しました。

  【生活保護受給者に対する「教育・就労・住宅」の総合的な自立支援】
   (生活保護受給者チャレンジ支援事業(アスポート))
 埼玉県は、増加し続ける生活保護受給者の自立を強力に支援するため、「生活保護受給者チャレンジ支援事業」を独自に実施している。保護世帯の中学生を対象とした学習教室により高校進学率が10ポイント向上し、職業訓練の受講から就職まで一貫した支援により年間600人以上が就職するなど、大きな成果を上げている。     埼玉県のHPより

 オスプレイの低空飛行訓練中止を

 最悪の欠陥機といわれるオスプレイを岩国基地に配備し、和歌山、徳島、高知、愛媛の山間地を通るオレンジルートで低空飛行訓練をすると、防衛省がアメリカからの連絡で通知してきました。本当に許すことができません。何としても中止させるために力を合わせましょう。

         
             最悪の欠陥機、オスプレイ

 3月
 5日



 徳島大学で、約1000人の無期労働契約の画期的な採用

 労働契約法の改正により、平成25年4月1日以後に開始する有期労働契約が、通算で5年を超えて切り返し更新された場合は、労働者の申し込みにより、同一の労働条件で無期労働契約に転換するルールが規定されたのを受けて、大学側が対応を決めたものです。

 徳島大学教職員組合の山口先生からお話を伺いました。徳島大学の場合、看護師については、2年前ぐらいに無期労働契約に移行しています。今回は、事務・技術系、病院医療系の方、約1000人の無期労働契約が決まったのです。すごいですね。画期的な方針です。

 無期労働契約の方向が出されたのは、教職員組合が、正規労働者の皆さんにアンケートを行い、8割を超す方が、有期雇用職員のルールを撤廃すべきと答えたことが大きな決め手となったそうです。

 非常勤やパート職員が雇い止めになったり、1ヶ月のクーリング期間があると、業務に支障が出る、人が変わると新任者の指導業務が増えるなど不都合ということで、無期労働契約にする方が良いという声が多かったのです。

 多くの民間の職場に、また、自治体労働者に広げるよう求めていきたいと思います。

 明日は、過疎・人権特別委員会

 なかなか準備が進まず、苦労しました。

                            

 3月
 4日



 朝の街頭宣伝

 二軒屋駅前での朝の街頭宣伝を塀本市議と共に行いました。塀本市議は、住民投票の取り組みについて訴えました。私は、来年度予算に徳島化製事業協業組合への補助金が1億2千数百万円組まれていること、平成6年度から今までの補助金総額が約45億円にもなっていることを伝え、1民間企業への破格の補助金を止めさせるためにがんばる決意、また、自公政権が進めようとしている道州制をストップさせるために力を尽くすことを訴えました。

        
  「新町西再開発は住民投票で」ののぼりを立て、訴える塀本市議

 両国橋のたもとの桜、満開       

        

 
 3月
 3日



 阿南市福井町の姉のところへ

 1番上の姉は、阿南市の福井町にいます。時々会っていましたが、姉の家に行くのは久しぶりです。6人兄弟姉妹の一番上なので、80歳くらいになる姉ですが、本当に元気で、いつも励まされています。夫さんが市議会議員なので、いろいろ大変なところもあるようですが、がんばっています。しばらく話をし、用事を済ませ、昼ご飯を一緒に食べて、帰りには、大根などお野菜いっぱいもらって帰ってきました。
                                   
                                  
 恒例の会議に参加

 午後は、恒例の会議で、参議院選挙に向けて、衆院選の総括もしながら、がんばる決意を固め合いました。私も自分の選挙と同じようにがんばりたいと決意をしました。

 3

 2日


 新婦人県本部 創立50周年 祝賀会

 先輩の皆さんの粘り強い努力で、50年にもわたる運動が受け継がれてきたことに本当に胸が熱くなりました。創立は50人で出発したそうです。本当に素敵なレセプションでした。私も達田県議とともに参加してお祝いしました。

       
 創立から新婦人活動を続けてこられた10人の皆さんへ山田会長から花束の贈呈

       
            お祝いの言葉を述べる私

       
     心に染み渡る歌声のソプラノ歌手 井上ゆかりコンサート 

       
   かつて事務局長をしていた現在は岡山県でがんばる赤坂さんのあいさつ

 3月
 1日



 政策創造部関係と県民環境部関係の総務委員会

 道州制、88カ所とへんろみち、PM2,5問題、日本電工の六価クロム問題、長生町の産廃の不法投棄問題について問いました。40分では十分に聞くことができません。

                   PM2,5では子どもたちに健康被害が出ないように
                                         

 参議院選挙に向けての会議

 総務委員会の後、会議に参加。夜遅くまで、熱い論議が続きました。


このページの先頭へ