ふるたみちよの活動日誌(13年10月)

2013年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月

10月
31日



 医療政策課との懇談会

 医師、看護師、介護士等の増員、労働環境の改善などを求めて労働組合のみなさんが知事宛に申し入れを行いました。達田県議と共にご一緒させていただきました。県下の医療機関の環境改善などめざして頑張りたいと思います。

 「新町西再開発の白紙撤回を求める市民の会」 第1回世話人会

 9月5日に市民の会結成総会があり、そこで選出されていた世話人の第1回会議が開催されましたので、私も参加しました。会場いっぱいに集まり、いすのない方もいました。
 代表世話人や事務局員、財政委員会、組織委員会などのメンバーが選出されました。その後、意見交換。新町西のまちづくりはどうあるべきかなど論議し、提案する委員会を設けたらどうか。財政はどうするのかなど質問が出されました。私は、市民の会に入ってくれた人が前向きに取り組める「文化センターの存続を求める署名」に取り組んだらどうか提案しました。

         
            前の方の席だったので、こんな写真に!

10月
30日



 ふるたみちよだよりの作成

 自然エネルギーの取り組み状況など見学ツアーに参加したこと、ブラック企業規制法案の国会への提出や消費税増税中止法案を提案し、他の政党へも呼びかけていることなどまとめました。

 阿南 井坂市議の応援

 私の出身地、加茂谷の方へ井坂市議と共に行きました。懐かしい方々に会えて、うれしかったです。「がんばってよ」「今の政治、本当におかしい。変えてもらわないとあかん」などと激励をしてくれました。故郷は温かく、本当にうれしいです。久しぶりに母校「加茂谷中学校」、「お松大権現」も見てきました。

                                   母校「加茂谷中学校」のサトウハチロウ氏から贈られた詩の石碑

          
             勝負の神様 「お松大権現」

10月
29日



 消費税増税中止求めるプラスター宣伝

 二軒屋交差点で、八万後援会のみなさん、上村きょうこ県常任委員と共に、プラスター宣伝を行いました。消費税増税を4月から実施すると、安倍首相は発言しましたが、国会で決まったわけではありません。最後まで諦めずに、何としても増税中止を求めて頑張り抜きたいと思います。

        

        

 
10月
28日



 いよいよ10月も終わりに近づく

 本当に日が過ぎるのが早いですね。10月も終わりになりました。午前中は久しぶりに草抜き、そして、落ち葉の掃除。この前の台風の時にたくさん、さくらんぼの葉っぱが落ちました。紅葉はしていないのですが、雨と風で、たくさんの落ち葉です。葉っぱをかさかさ踏みしめながら歩くほど落ちていましたので、がんばりました。

 臨時国会は、「自共対決国会」

 消費税増税をきっぱり中止を、福島原発事故対策を政府の責任できちんとすべきなど自民党に対案を示し、まっすぐ提案しているので、「自共対決国会」といわれています。参議院選挙で公約した課題について、国民の立場でがんばっています。マスコミでも注目されています。

       
    安倍首相に鋭く追及する笠井亮衆院議員(左)と小池晃参院議員(右)

 火花が散る状況

 実際、衆参の予算委員会は「自共対決」の火花が散る状況です。

 22日の衆院予算委員会で日本共産党の笠井亮議員は、福島第1原発事故現場における放射能汚染水漏れをめぐり、「汚染水の影響は完全にブロックされている」と繰り返す安倍晋三首相の認識を追及。福島県民の怒りもぶつけ、「ブロックされているとか、風評とかいって事態を小さく見せて、まともに対応しないってことではダメだ」と批判しました。

 翌日の「毎日」は、首相をかばって何度も答弁に立つ茂木敏充経産相に、笠井氏が「そういうのを完全ブロックという」と一喝したことを大見出しにし、「国益に関する政策論争が求められている局面に好敵手の見当たらない現状に、政府・与党から『自共対決国会』の声が出始めた」と報じました。

 「トヨタや日産みたいに労働者を使い捨てにするやり方が、地場の中小企業にまで広がって悪影響を広げている。小池さんの質問は企業経営のあり方を示している」

 24日の参院予算委員会での小池晃副委員長の質問を聞き、感激して電話をかけてきた東京都大田区で自動車会社を経営する男性(68)はこう述べます。

 暮らしも経済も財政も壊し、貧困と格差を拡大、黒字企業だけ復興特別法人税を廃止する理不尽…。小池氏は消費税増税にひとかけらの道理もないことを明らかにするとともに、賃上げは法人税減税ではなく大企業の内部留保の一部を取り崩せば可能であり、人間らしい質の高い雇用が世界の流れであることをつきつけました。


10月
27日



 日曜市での朝の街頭宣伝

 古田元則県書記長、上村きょうこ県常任委員と共に日曜市での朝の街頭宣伝を行いました。私は、「さよなら原発徳島実行委員会」主催の見学ツアー、日本共産党の公約実現で、ブラック企業規制法案を提出し、成立のために頑張っていること、消費税増税中止法案(骨子)を提案し、他の政党にも共に提案者になるよう呼びかけをしていることなど訴えました。訴えた後、見学ツアーに参加するため、一足早く失礼しました。

       

 「見に行けへんで、徳島の自然エネルギー」見学ツアー

 県の企業局が作ったメガソーラー、エコみらい、美馬ソーラーバレイ、さくら診療所のチップボイラーを見学して回りました。35人が参加しました。どこも新しい発見で、勉強になりました。

       
          企業局職員から説明を受ける参加者

       
          「エコみらい」で楽しい説明を受ける

       
        市民も出資して、建設した美馬ソーラーバレイ

       
              チップボイラーに入れる乾燥チップ

10月
26日



 午前中は、健康診断

 毎年1回の健康診断を受けに行きました。特別悪いところはなく健康なので、土曜日ということもあって、案外早く終わりました。エコー検査は、11月に受けることに予約しました。

 台風27号の被害調査

 八多町の崩れたところを調査してきました。大雨で被害がなかったかお伺いしました。方上の方では水が出て、お店が開けられなかったとのことです。浸水対策をしっかり求めていかなくてはと思います。

        
      土砂崩れで、ため池へ大きな木が倒れ込んでいます

 鳴門で街頭宣伝

 午後から来月市議選が行われるので、上田公司市議の応援に行きました。市民こそ主人公の立場で頑張る日本共産党の議席を何としても勝ち取るために全力を尽くさねばと思います。一生懸命訴えました。

 「竹谷善子さんを偲ぶ会」に参加

 夜は、「竹谷善子さんを偲ぶ会」に参加しました。会場いっぱいに集まりました。先輩の竹谷さんの活動などを学び、意思を継いで行こうとみんなで思い出を出し合いました。本当にたくさんの方々に大きな影響を残してくださった竹谷さんの活動に改めて感動しました。

        

        
          お元気な姿を見せてくださった服部元県議

        
     私も竹谷さんとの思い出を語り、意思を引き継ぎたいとあいさつしました

10月
25日



 台風27号 被害はありませんでしたか

 たくさん雨が降りましたが、被害はありませんでしたか。本当によく降りましたね。徳島県からは大分遠ざかりました。八多町の方で、土砂崩れが出たようですが、大丈夫でしょうか。

              

10月
24日



 昨日に続いて、告別式

 大変お世話になったHさんの告別式でした。明るく親切で本当によく頑張ってくださいました。きちんとしている方で配達・集金活動など、とてもよくしてくださいました。復帰してくださると信じていたのに、本当に残念です。ご冥福をお祈りして、お別れをしてきました。

 オスプレイを使う日米共同統合防災訓練は中止に、従って抗議集会も中止

 午後からは、明日行われる予定だった「日米合同防災訓練」反対集会で、徳島県での取り組みの状況を報告するので、文章にまとめていました。徳島県の取り組み、県議会での取り組み、私たち県議団の取り組みをまとめました。ほぼ出来上がり帰ってきました。
 夕食の準備も終わり、ほっとしていると、県委員会、高知県議団からも中止の連絡をいただいていました。軍事訓練の中止は、何はともあれ良かったです。台風の中、高知県の方まで行けるのか心配していました。本当に良かったです。

         

 大きな被害が出ないように祈るばかりです。

10月
23日



 お世話になったKさんの告別式

 加戸市議と共に選挙に初挑戦したときから、渭東地域の後援会長として、ずっとお世話になったKさんが亡くなられました。町内を一緒に歩いてくださったり、演説会などで力強いご挨拶をしてくださったり、後援会ニュースを配ってくださったり、本当に大きな大きな力をくださった方です。残念でなりません。在りし日のKさんのお姿を偲び、ご冥福をお祈りして、お別れをしてきました。Kさん、本当にありがとうございました。

 10月25日は、高知県香南市での抗議集会に参加します

 「郷土の軍事化に反対する高知県連絡会」主催で、次のように集会が呼びかけられています。

 本年3月6日に四国オレンジルートで、沖縄県以外では初めて、オスプレイの飛行訓練が行われました。また、9月6日には、防衛省から高知県において10月25日〜27日の間で、オスプレイを使った日米共同統合防災訓練を行うと発表がありました。しかし、この防災訓練は、9月13日、高知新聞に掲載された「防災訓練というか、飛行訓練でしょうね。」という中谷衆議院議員(元防衛庁長官)のインタビューのコメントが示しているように、防災訓練に名を借りた、実質的な軍事訓練であることは明らかです。
      
10.25実質的な軍事訓練反対!
     
日米共同統合防災訓練抗議集会!
     
陸上自衛隊高知駐屯地ゲート前(香南市)に集まろう!
    
   
日時:2013年10月25日(金)11時30分〜
   抗議場所:陸上自衛隊高知駐屯地
 第1営舎地区ゲート前

                        主催:郷土の軍事化に反対する高知県連絡会

          アフガンで発生事故隠蔽か?

 ご一緒に参加しませんか。

10月
22日



 那賀町議選挙告示 無投票で、大沢、新居両候補当選 

 定数16名に対して、1名余りかといわれていましたが、結局16名の届け出で無投票。大沢さんと新居さん二人の議席を獲得することができました。本当に良かったです。新居候補の出陣式で、夫の古田元則書記長が日本共産党県委員会を代表して、私もご挨拶をさせていただきました。5時まで候補者カーに乗り、アナウンサーを務めました。

        
      午前中妻の純子さんもアナウンサーでご一緒しました

        
           無投票当選が決まりみんなでバンザーイ

10月
21日



 9月議会閉会

 最終日に第30号、31号、32号が提案されました。議案第30号は、奨学金滞納の若者2人を訴訟に訴える議案です。開会日に続いて、訴える議案なので、反対しました。決算認定議案を除く22議案と追加提案された人事案件31号、32号には賛成しました。採択せよと主張し、反対した請願2つは、私立高校生への補助の充実を求める請願と消費税増税中止を国へ求める意見書の提出を願う請願です。達田県議が不採択ではなく採択すべきと討論しました。

 私は、「農地転用の権限を国から地方へ移譲を求める意見書」について、食糧自給率の50%へ向上させること、地方に権限を移譲すると、開発がしやすくなり、企業参入をたやすくすることは、ますます農業では食べていくことができず、結局、耕作放棄地を増やしてしまう危険があります。農地をこれ以上減らさないように権限移譲は慎重にすべきと反対討論をしました。 

 安保廃棄10,21徳島県集会

 夜7時から日米安保条約を廃棄して、日本と世界の平和をめざす10,21集会が行われました。私も参加して、連帯のご挨拶をさせていただきました。団体からの訴えの後、デモ行進を行いました。

       

       
              先頭を歩きました

10月
20日



 八万町民運動会

 雨が降りしきる中、八万南小学校の体育館で、運動会が行われました。体育館いっぱいの人が集まり、盛大に開会式が行われた後、体育館でできる競技をするということで50m走から始まりました。 八万体協のみなさんや町内会役員のみなさんが本当に努力されて、体育館での運動会開催まで頑張ってくださいました。本当にありがとうございました。

 
 那賀町議選挙の応援

 2時間半余りかかって、夫と木頭まで行き、街頭宣伝に頑張りました。どこでも応援に出て来てくれて、「頑張って、応援しています」「大沢さんによろしくお伝えください」等と声をかけてくれました。何としても2議席獲得に向けて頑張り抜きたいと思います。

      
            訴える古田元則県書記長

      

10月
19日



 ゆるキャラグランプリ 投票にご協力を

 県の呼びかけに答えて、私もすだちくんの投票に頑張っています。家のパソコンからも投票に成功しました。県庁のパソコンと2カ所から、11月8日までの投票を毎日忘れずにしようと思います。ゆるキャラグランプリで1位になると、さまざまなものの宣伝に用いられて、大変効果があるそうです。ぜひみなさんも投票に参加してくださいね。

                

10月
18日



 政策条例検討委員会(9時半から10時半)

 達田県議が出席して、頑張りました。

 議会運営委員会会長・幹事長会議

 私が参加して論議。21日の閉会日の議事日程などについていろいろ確認していきました。

 議会コンサート

 城北高校吹奏楽部のみなさんが、フルート3重奏、クラリネット3重奏、6重奏、金管5重奏、4重奏など素敵な演奏を披露してくれました。

       
                 クラリネット3重奏

       
                  金管5重奏

 母親大会実行委員会の申し入れ

 母親大会実行委員会のみなさんが参加して、大会で申し合わせした要望について県へ申し入れを行いました。みなさんが分担して、願いを語り、届けました。県の担当者の方々は、熱心に聞いて下さって、できるものは、しっかり取り組んでいくと答弁をして下さいました。保健福祉部、教育委員会、危機管理部、県民環境部、政策創造部に分けて、要望を届けました。ご尽力くださった担当の方には、本当に感謝しています。

       
        ご挨拶をする有川マサ子事務局長(左端が私)

10月
17日



 危険なオスプレイも活用する日米共同統合防災訓練「反対」の申し入れ

 10月25日に行われる高知での訓練は、「防災訓練」に名を借りた軍事訓練になっていることが明らかになりました。9月4日の申し入れの時には、訓練の中身がはっきりせず、軍事訓練とは言い難い状況でしたが、その後の報道などで、防災訓練とは名ばかり、オスプレイの飛行訓練、防衛訓練ということが、分かりました。
 沖縄の負担軽減といいながら、昨年の倍の24機のオスプレイの配備で、今回の訓練は、全国への訓練を広げる第1弾となっているのです。そんな「防災訓練」は、反対です。中止するよう知事は防衛省等にいうべきと求めました。

       
   右側手前から上村県委員長、達田県議、私。左側は県の担当者

 早くも紅葉

       
    紅葉する紺屋町から県庁へ向かう道路脇のイチョウの木々

10月
16日



 ふるたみちよだよりの作成

 お便りは、2週間に1回の割合で作成しています。今回は、「新町西再開発の白紙撤回を求める市民の会」結成総会に参加したこと、NO NUKES 10,13 徳島集会に参加して、原発ゼロ、自然エネルギーへの転換をみんなでアピールしたことをまとめました。

 午後からは閉会に向けて県議団会議

 議案や請願、意見書に対する賛否について論議しました。次々に課題があり、本当に一つひとつ時間がかかりました。明日は、10月25日に高知で行われる日米共同統合防災訓練について、緊急に申し入れを行います。その準備にも頑張りました。

                               

10月
15日



 防災対策特別委員会

 原発事故が起こった際の防災対策について、高知県で行う日米合同防災訓練について、災害時孤立化の可能性のある集落対策について、防火扉の点検について、公民館や集会所の耐震対策についてなど質問しました。
                         

 ゆるキャラグランプリ2013

  すだちくんなど徳島県からたくさんのゆるキャラが出場して、選挙が闘われています。みなさんぜひこの選挙に参加してください。毎日1回投票することができます。私は、県庁のパソコンからずっと投票しているんですよ。家のパソコンでも登録して、登録完了のメールも届いたのに、うまく投票ができません。何度繰り返し投票しても成功しないのです。

         

10月
14日



 上田公司鳴門市議の後援会事務所の事務所開き

 午前中は、2期目をめざす上田公司市議の事務所開きでした。参加してご挨拶をさせていただきました。たくさんの方が参加して熱気あふれる事務所開きとなりました。何としても議会へ押し上げるためにみんなで全力でガンバロウと訴えました。私も応援に行かなくてはと思います。

 午後は恒例の会議

 毎週相談することがいっぱいです。熱い論議が続きました。

10月
13日



 日曜市での朝の街頭宣伝

 上村きょうこ県常任委員と共に日曜市での朝の街頭宣伝を行いました。「新町西再開発の白紙撤回を求める市民の会」を立ち上げ、運動を盛り上げていこうと頑張っていること、県議会の文教厚生委員会で取り上げた奨学金返還の訴訟問題、TPP交渉による保健福祉分野への影響について訴えました。
 上村きょうこ県常任委員は、消費税増税中止を求める問題、TPP問題、平和の問題など日本共産党の躍進を活かして国会内外で頑張ることを訴えました。

 やすおか正広市議会議員の後援会事務所の事務所開き      

 やすおか正広市議会議員は、7期28年の実績を持つベテラン議員です。阿南市議会において、なくてはならない議席です。何としても議会へ再び送りだそうと決意と熱気あふれる事務所開きとなりました。地元の協議会会長さんも応援のご挨拶をしてくださいました。私も伝住県後援会事務局長と応援に行きました。

       
           応援の訴えをする達田県議

       
         決意を述べるやすおか正広市議会議員

 やすおか正広市議会議員と街頭宣伝

 事務所開きの後、やすおか市議と共に街頭宣伝に頑張りました。

       

 NO NUKES 10,13徳島集会に参加

 午後2時からは、「さよなら原発徳島実行委員会」主催のNO NUKES 10,13徳島集会が行われました。私も達田県議と共に参加して、みんなと大きな声で「原発再稼働反対」「自然エネルギーへの転換を」「四国電力は、伊方原発を廃炉に」などとアピールしました。
        
       
 
       
      
10

12日





 生活保護引き下げに反撃 不服審査請求1万件超

 “これでは生きられない” (今日の赤旗日刊紙の記事です)

 安倍自公政権が8月から実施した生活保護基準額の引き下げをめぐり、全国の生活保護利用者が行政に対し一斉に行った不服審査請求が1万件を突破しました。生活保護や貧困問題に取り組む諸団体が11日、厚生労働省で記者会見し、報告しました。


写真

(写真)記者会見する貧困問題に取り組む諸団体の代表ら=11日、東京・厚生労働省内

 安倍政権は、世帯平均6・5%、最大10%の保護基準額引き下げにより段階的に670億円の保護費削減をすすめようとしています。

 審査請求は全都道府県に及び、合計で1万191件(別表)に上りました。「生活保護基準引き下げにNO! 全国争訟ネット」共同代表の尾藤廣喜弁護士は「このままでは生きていけないという当事者の怒りの表れ」とのべました。

 全国生活と健康を守る会連合会の安形義弘会長は、「いままで声を上げられなかった生活保護利用者が主役になった運動でもあると思う。さらに広げて、世論をつくりたい」と話しました。

 「STOP! 生活保護基準引き下げ」アクション呼びかけ人代表の宇都宮健児弁護士は、政府の社会保障審議会生活保護基準部会の委員の“物価が上がれば保護費は上げるものと了解している”という発言を紹介。「物価も上がり、消費税増税も実施されれば利用者にとってはトリプルパンチ。基準部会に利用者や支援者を入れ、実態を十分に調査すべきだ」と指摘しました。

 徳島県でも57世帯の方々が勇気を出して、審査請求をしています。物価や電気代などが上がり、生活がますます大変になっているのに、生活保護引き下げは許せません。多くの方と力を合わせて、頑張りたいと思います。

10月
11日



 朝の街頭宣伝

 徳島駅前での朝の街頭宣伝は、上村きょうこ県常任委員、古田元則県書記長と共に行いました。私は、文教厚生委員会で取り上げたことなど訴えました。

       

 通学路の安全対策で東警察署へ

 加戸市議、Iさんとともに通学路の安全対策について、相談に行きました。通学路を歩いて、安全指導をするなどの提案もされました。子どもたちの安全対策はみんなの願いです。地域や商店、学校、保護者みんなが、力を合わせて取り組んでいかなくてはと思います。


 来週火曜日の防災対策特別委員会準備

 担当者からいろいろ対策についてお聞きしました。

 原発ゼロをめざす金曜日行動

 夕方6時からは、徳島駅前での原発ゼロをめざす金曜日行動に参加しました。伊方原発の放射性物質を含んだホウ酸水漏れ、県の防災対策に原発事故があった場合の対策が盛り込まれたことなど訴えました。

       

10月
10日



 保健福祉部関係の文教厚生委員会

 生活保護受給者に対する就労支援、学習支援、住宅支援について、扶養手当など差し押さえ禁止財産を入れないよう、その徹底について、障害者交流プラザについて、病院局の看護師の勤務年数、離職率、TPP交渉に参加した場合の医療・福祉への影響についてなど質問しました。
                              

10月
 9日
(水

 教育委員会関係の文教厚生委員会

 給付型の奨学金制度創設について、教員の多忙化の調査について、教員のいびつな年齢構成の改善についてなど質問しました。
                                

10月
 8日



 集団的自衛権行使狙う安倍内閣を包囲九条の会がアピール発表

         写真
     (写真)記者会見をする(左から)小森陽一、大江健三郎、
     奥平康弘、澤地久枝の各氏=7日、東京都千代田区

 「九条の会」呼びかけ人の大江健三郎(作家)、奥平康弘(憲法研究者)、澤地久枝(作家)の3氏は7日、都内で記者会見し、「集団的自衛権行使による『戦争する国』づくりに反対する国民の声を」と題するアピールを発表しました。解釈変更によって集団的自衛権行使を可能にすることを狙う安倍政権を批判し、「草の根からの世論で包囲し、この暴走を阻むための行動にたちあがりましょう」とよびかけています。

 アピールでは、安倍首相は、「集団的自衛権行使に関する憲法解釈を転換し、『戦争する国』をめざして暴走を開始している」と指摘。この企てを、国会の発議や国民投票の手続きをへずに閣議決定だけで実現しようとしていることにふれ、「立憲主義を根本からつき崩すものであり、とうてい容認することはできない」と強調しています。

 大江氏は、「安倍首相は(改憲を)『歴史的使命』と言うが根拠はない。私たちは7000以上の会があり、その参加者たちがどうしても(9条を)守らなければならないと使命を持っていることの方が確かな事実だ」と語りました。

 奥平氏は、平和国家を維持するという国民の運動のなかで、憲法9条が守られてきたと指摘。改憲発議要件を緩和する96条改定への批判が高まるなかで、「なし崩し的に(憲法を)壊していこうという姿が見え始めている」と述べました。

 澤地氏は、憲法9条をそのままにして集団的自衛権の行使を認めることは「形容矛盾で、日本語というものがこれほどばかにされたことはかつてない」と述べました。


 明日は文教厚生委員会

 しっかり質問したいと思い、準備に頑張りました。なかなか思うように進みませんでした。がんばります。

10月
 7日



 朝の街頭宣伝

 二軒屋駅前で、塀本市議と共に朝の街頭宣伝を行いました。塀本市議は、「新町西再開発の白紙撤回を求める市民の会」結成総会を開き、運動に取り組んでいることについて詳しく報告されました。私は、TPP問題、原発問題について訴えました。   

 Kさんの告別式

 お世話になったKさんが62歳という若さでなくなりました。とても明るく元気な方で、みんなを励ましてくれた方です。息子さんのお話では、とてもおもしろいお話をいっぱいしてくれたようです。お花が好きで、いつもお花をいっぱい庭に咲かせていたそうです。お料理も大変上手で、おいしいものをいっぱい作って迎えてくれたそうです。そんな素敵なKさんが旅立たれました。本当に残念でなりません。涙が止まりませんでした。Kさん安らかにお休みください。高いところから見守っていてくださいね。

 午後は会議

 夜はうれしい歓迎会

 新しい仲間を迎えて、地域は違うけれど、昨日に続いて、歓迎会でした。本当にうれしくてたまりませんでした。
                                 

10月
 6日



 忙しい1日でした

 お赤飯づくり
 歓迎会のお祝いにお赤飯を作りました。

 日曜市での朝の街頭宣伝

 上村きょうこ県常任委員と共に、日曜市での朝の街頭宣伝を行いました。消費税増税中止、原発ゼロ、自然エネルギーへの転換などそれぞれが訴えました。

        

 八万幼稚園の運動会

 昨日の雨とうって変わって、運動会日和のお天気となりました。かわいい子どもたちの演技に見入りました。

        
          
        

 歓迎会

 会費制で、仲間を迎えてみんなでお祝いしました。うれしいですね。

         上村きょうこさんのHPより

 午後は恒例の会議

 今後の課題などについて、活発な論議となりました。

10月
 5日



 新町西再開発の白紙撤回を求める市民の会」結成総会

 会場いっぱいに集まり、新町西再開発の白紙撤回を求める市民の会」結成総会が開かれましたので、私も参加しました。ここまでの経過報告や会則などを決めました。活発な意見も出され、熱い論議となりました。

        

          経過報告をする太田周造代表世話人

 徳島大学テニス部OB 第5回「同世代有志の集い」

 1年に1回開かれているテニス部の同窓会。本当に楽しくて、大学時代の自分に返ります。不思議ですね。毎日青春を傾けたテニス部の思い出を語り合いました。

        
           集まった仲間達(前列右から2人目が私)

10月
 4日



 国民そっちのけの消費税増税許せません

 安倍首相が来年8%への増税を決断したということに対して、10月1日、志位委員長が記者会見を行い、抗議すると共に撤回を求めて頑張る決意を述べました。
 

【会見】 首相の消費税増税決断に抗議

         20131001_shii_kaiken.jpg
              動画を見る

               志位委員長の会見 2013年10月01日

 朝の街頭宣伝

 定例の朝の街頭宣伝を徳島駅前で、上村きょうこ県常任委員と共に行いました。上村きょうこ県常任委員は、消費税増税撤回を求める訴えを行いました。私は、新町西再開発の白紙撤回を求める市民の会結成総会について、原発ゼロを求めるさまざまな運動についてなど訴えました。

         
                 訴える上村きょうこ県常任委員

 官邸前行動に呼応する原発ゼロを求める金曜日行動に参加

 久しぶりの参加となりました。私もリレートークで、何としても原発ゼロへ、そして自然エネルギーへの転換をしっかり進めていこうと呼びかけました。

         
  原発の被害に合われた方の詩を紹介する加戸市議のお母さん(右から2人目)

10月
 3日



 3人の一般質問 政策条例検討委員会

 みんなの党、自民党県民会議2人の3人が一般質問を行いました。県議は1年間に一度の質問と決まっているので、今議会は、私たち日本共産党の本会議での質問は残念ながらありません。消費税問題やTPP問題などいろいろ質問したいことがあるのに、本当に残念でなりません。

 本会議の後、達田県議がでる政策条例検討委員会が開かれました。3条例についての検討ですので、大分時間がかかりました。私はその間、資料の整理などに頑張りました。次々に送られてくる資料は本当に多くて、すぐ机の上は山ができてしまいます。必要な資料の整理が大変です。

                         

10月
 2日



 4人の一般質問

 自民党県民会議、明政会、新風・民主クラブ、公明党の4会派の一般質問でした。

 教職員組合のみなさんが県教育委員会に申し入れ

 達田県議と共に申し入れに参加して、一緒に要望を届けました。35人学級の小学校6年生に続いて、中学2・3年生への導入を進めること、教員評価を止めること、パワハラ、セクハラを止める取り組みを進めること、休職者と臨時教員との引き継ぎの日をきちんと保障すること、特別支援学校のすべての教室にクーラーの設置を進めることなど、切実な要望を届けました。

                          

10月
 1日



 4人の代表質問

 自民党県民会議2人、明政会、新風・民主クラブの4名が代表質問を行いました。

 「さよなら原発徳島実行委員会」役員会

 夜は、さよなら原発徳島実行委員会の役員会に参加しました。10月13日のNO NUKES 10,13徳島集会について協議しました。集会に「伊方原発とめる会」の大原事務局長、福島原発被害者弁護団の一人、竹内弁護士が参加して報告してくださることが決まりました。多くの方に参加していただいて、成功させたいと思います。
 自然エネルギー事業等の視察は、10月27日(日)9時から4時まで、参加費3000円(昼食代含めて)です。お友達誘い合わせて、ご参加ください。        

 NO NUKES 愛媛集会は、12月1日(日)に徳島からもバスを出します。ぜひご参加ください。


このページの先頭へ