ふるたみちよの活動日誌(14年2月)

2014年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月  10月 11月 12月
 
 2月
28日



 久しぶりの金曜日行動

 午前、午後は、委員会の準備に頑張りました。夕方6時からは、原発ゼロをめざす久しぶりの金曜日行動に参加できました。いろいろ重なって、参加できていなかったので、良かったです。大きな声で、「伊方原発再稼働反対」「子どもを守ろう」とアピールしました。多くの方が激励してくれました。

       
         訴える山田県議予定候補と共にアピール

 2月
27日



 日本共産党労働者県後援会と日本共産党とで、春闘勝利に向けて宣伝行動

 労働者後援会の皆さんと一緒に宣伝行動を行いました。私は、本会議質問で、非正規雇用をなくし、正規雇用を増やすこと、また、消費税増税の県内経済への影響をどのようにとらえているのか、地元業者の仕事と雇用を増やすために住宅リフォーム制度を耐震リフォーム制度と共に行うよう求めたことなどを訴えました。労働者後援会の森口事務局長は、正社員が当たり前の働くルールの確立や最低賃金のアップ、ブラック企業の規制など訴えました。

       
          雨と風が強い中訴えました

       
        「こうやって賃上げ実現を」のビラ配布をする私

 議会運営委員会と委員会準備

 追加議案の説明がありました。その後、昨日に続いて、委員会準備と議案について調査しました。

 2月
26日



 文書質問と委員会準備

 達田県議と共に、本会議で質問できなかった待機児童をなくすための保育所の拡充問題と阿波しらさぎ大橋のモニタリング調査に関して専門家の意見を報告書につけること、そして、今後の研究や環境保全に活かしていくことを文書質問にまとめて提出しました。

 その後、3月3,4日の文教厚生委員会の準備に頑張りました。

                                            

  
 2月
25日



 一般質問最終日3人の質問と「いけるよ!行動計画」全議員学習会

 3人が質問。その後、「いけるよ行動計画」についての全議員学習会でした。日程が終わった後、時間がなく質問できなかった問題などについて、文書質問するため、達田県議と共にがんばりました。

                             

2月
24日



 私を含めて4人が一般質問

 私は、3人目。消費税増税問題(住宅リフォーム助成制度の創設)について、非正規雇用について、建設労働者の労働条件改善について、鉄道高架事業、四国横断道の吉野川渡河橋について、高等学校等就学支援費制度について質問しました。

       
             
 
 2月
21日



 代表質問と「秘密保護法廃止女たちの怒りの行動」に参加

 4名が代表質問を行いました。合間合間に24日(月)の私の質問の細かい部分についての打ち合わせを県の担当者の方々と行いました。最後のやり取りを終了したのが、7時前でした。大急ぎで、「秘密保護法廃止女たちの怒りの行動」の会場に駆けつけました。

 「秘密保護法廃止!!女たちの怒りの行動」学習会に参加

 筒井由香弁護士の講演を聴いて、学習する2,21行動に会場いっぱいの参加がありました。「みんな戦争は絶対いや」「ものが言える私たち女性が頑張らなくちゃ」「世界大戦の時は女性に参政権がなくものが言えない、時代だった。女性の力で戦争へ続く秘密保護法は何としても廃止にしよう」と決意を固め合う集会となりました。
 「もっと行動をたくさんやっていこう」「大きな大きな行動にしていくために男性にも呼びかけガンバロウ」など今後の行動にもつながるたくさんの意見や提案がされました。

       
          いろんな質問に答える筒井由香弁護士

       
        閉会あいさつをされる代表の一人諏訪公子さん

 

 2月
18日



 N&E株式会社、パルテック株式会社の工場見学

 循環型の取り組み、林業の振興に頑張っておられる2つの株式会社と工場見学をさせていただきました。素晴らしい取り組みをお聞きして、本当に参考になりました。お忙しい中対応してくださった2つの会社のみなさんに感謝しています。本当にありがとうございました。

 国産材、地域産材主体のMDFを製造されているN&E株式会社

         
           
         
           間伐材や破材を使ってMDF「NEOボードS」へ

         
          「歓迎徳島県議会議員ご一行様」の前でパチリ

 MDFを使って、室内ドア、クローゼット、階段・手すり部材などを製造されるパルテック株式会社

         

         
            ドア、階段など作る工場に分かれています

 2月
17日



 2月議会の開会

 知事から所信表明がありました。26年度の予算の説明もありました。条例案がたくさん出されましたが、その内18議案は、消費税増税にともない、使用料や、手数料、利用料の値上げ議案です。すべてで、2500万円の県民負担となるそうです。5%から8%に値上げすることによる地方消費税分は、12億円といいます。きちんと納められれば、40億円といいます。大変な国民負担ばかりです。何としても消費税増税は中止すべきです。

 景気のいいお話はありましたが、負担ばかり増える社会保障に対する補助などは、全く予算は付いていません。もっと県民負担を減らす対策をしっかり行う予算とすべきではないでしょうか。また、全国大会などをたくさん開催し、そのための予算はいろいろ計上されています。本当に必要な所にこそ予算を出してほしいと思います。

                                

 2月
16日



 寒風の吹く中、新町西再開発の白紙撤回を求める市民の会 宣伝行動

 本当にいつも感心します。今朝はとりわけ、風がきつくて、寒い中、市民の会の太田さんや記井さん達が頑張っていました。今日は、ひとりで街頭宣伝をした後、いっしょに訴えました。何としても白紙撤回まで頑張らねばと力を込めて、入会と署名を訴えました。

        
          寒い中粘り強く訴える市民の会のみなさん

 葛西紀明選手、41歳で銀メダルおめでとう

 すごかったですね。個人41歳での銀メダル、本当に多くの方に感動をありがとう!!

        
           満面の笑顔で花束を受ける葛西紀明選手

 2月
15日



 八万の泉徹雄氏の叙勲祝賀会に参加

 35年間消防団の活動に頑張ってこられた泉徹雄さんの叙勲祝賀会が開かれ、みんなでお祝いしました。私も参加してお祝いするとともに、参加された方々と交流をさせていただきました。たくさんの方から、「県議止めるんで」「共産党が今こそ頑張らねばあかんでよ」「応援しているけんな」と激励してくださいました。本当に嬉しかったです。

        

 羽生結弦くん 金メダルおめでとう

 すごかったですね。本当にフィギュア男子で初めて、19歳の羽生結弦くんの活躍に感動の涙でしたね。

        
      金メダルが決まり、インタビューに答える羽生結弦くん

 2月
14日



 県内大雪 高速バス・JR・航空機も運休相次ぐ

 すごい大雪でしたね。防災対策特別委員会でしたので、少し早く家を出て、県庁に向かいました。車にはいっぱいの雪でした。雪をのかさずにワイパーを動かしたので、全く動かなくなってしまい、困りました。ガソリンスタンドへ駆け込み、水でとかしてもらって動くようになり、ほっとしました。県庁の窓からは、しきりに降り続く雪景色が見えました。

        

        
           県庁付近の渋滞がすごかったですね

 事前の防災対策特別委員会

 昨日調査した項目についていろいろ質問しました。

 2月
13日



 明日は、防災対策特別委員会

 防災対策特別委員会の準備で頑張りました。県立学校が、避難所に指定されることが増えています。避難所に必要な対策の状況などについて担当課にお聞きしました。約7000万円の予算が計上されていますが、どんなことに使う予算なのか詳しく調査しました。

 災害時要援護者対策の状況などについても担当者の方にお聞きしました。

 2月
12日



 事前の文教厚生委員会

 教育委員会関係では高校授業料無料化から所得制限を入れるために、保護者や学校に大きな事務が生まれること、8割が対象の支援金を求めるためには、申請書と合わせて、課税証明書を出さなくてはならないこと、また、個人情報が県教育委員会に集められること、授業料を支払う生徒とそうでない生徒の格差を生じることなど、何よりも国際公約をした、中等教育の無償化をめざすことに反する今回の所得制限を入れることは問題です。止めるよう国へ意見を挙げるよう求めました。

 奨学金の給付金事業の内容についても聞きました。8600万円の予算を組んで、返還しなくていい給付型奨学金制度が作られます。たくさんの方が利用できるよう啓発することと充実するよう求めました。

 保健福祉関係では、がん対策について、受診率の向上が何よりも大切なこと、安心して治療が受けられる病院の案内など連携も大切なことなど質問しました。
 子ども・子育て新システム
の先取りの予算が付いています。どのような点が今までの施策と違うのか、安心して保育を受けられるようにすべきと求めました。

 2月
11





 お世話になったKさんの告別式

 55歳の若さで急逝されたKさんの告別式に参列させていただきました。本当に残念でなりません。運動もたくさんされていたKさんは、周りの方々を明るくされ、慕われていました。「安らかにお眠りください」とお祈りしながらお別れしました。

 本会議質問の打ち合わせ

 私の本会議質問は、24日(月)1時45分からと決まりました。県民の立場で、がんばって質問したいと論議しました。質問したいことがいっぱいで、時間が足りません。絞り込みが大変です。

                             

 2月
10日



 朝の街頭宣伝

 二軒屋駅前で、塀本市議と共に朝の街頭宣伝を行いました。塀本市議は、東京都知事選の宇都宮健児候補の健闘ぶりについて、「福祉、防災を着実にやっていきたい」と舛添新知事が言わざるを得ない状況にしたのは、宇都宮候補の公約、訴えがそうさせてきたのだとお話しました。私は、新年度県予算について、消費税増税による県民への負担、県施設の利用料、使用料が、びっくりするほどたくさん上がること、徳島化製事業協業組合に対する県単独の補助金が2割下がったとはいえ、新年度も約1億円もの補助金が計上されていることを訴えました。

        
          
        

 議会運営委員会と事前委員会の準備

 開会日の議事日程や2月議会の今後の日程などが決まりました。その後、選挙区等検討委員会が開かれ、達田県議が委員で頑張りました。私たちの主張は、「議員は県民の願いを届けるために必要で削減すべきでない。議員定数は、人口比例で配分すべき。1人区をなくし、多くの県民の意思が反映する選挙区割りにすべき。徳島選挙区は、人口も多く、比例配分では現在の11人をはるかに超えているので、削減すべきでない」などです。大きな党に都合のいい現在の区割りは変更すべきではないでしょうか。しっかり訴えていきたいと思います。

 2月
 9日



 日曜市での朝の街頭宣伝

 上村きょうこ県議予定候補と共に行いました。多くの方々に支えられてきた議席を何としても上村きょうこさんに引き継ぐために頑張らねばと思います。「寒いけど頑張ってね」などとたくさんの方が激励してくれました。嬉しいですね。

         
             訴える上村きょうこ県議予定候補

 
 2月
 8日



 昨夜からの大雪で、交通網は大荒れ

 高速道路や飛行機は、ストップが多く、本当に大荒れでしたね。みなさんの所は大丈夫でしょうか。

 ソチオリンピック開幕       

 日本時間の昨夜、開会式が行われ、2月23日まで17日間のソチオリンピックが始まりました。開会式前から競技が始まっています。若い日本選手が活躍するのを見ると本当に感動しますね。ますます頑張ってほしいものですね。

           
         アイススケートの会場      スノーボードなどの会場

  羽生結弦選手の演技最高      

      
         ソチオリンピックから始まった団体戦 羽生結弦選手ダントツの1位

 2月
 7日



 朝の街頭宣伝

 徳島駅前で、古田元則県書記長と共に朝の街頭宣伝を行いました。古田元則県書記長は、通常国会での日本共産党の論戦などについて訴えました。私は、県の新年度予算について、徳島化製事業協業組合に対する補助金が、1億円を切ったとはいえ、約9800万円計上されます。ゆがんだ同和行政、これでいいのかなどと訴えました。

        

        

 1日中、資料集め

 2月議会の本会議や委員会質問の準備に時間をついやしました。なかなかです。

 2月

6日



 2月議会準備

 達田県議と共に、2月議会の準備に頑張りました。粉雪が夕方から降り、今日も一段と寒い1日でしたね。佐那河内の山の方は真っ白で、全く見えませんでした。

        
         昨日真っ白になった山の様子(控室の窓から)

 仁比参議院議員の予算委員会質問

 予算委員会で、仁比参議院議員が沖縄基地問題を県民、国民の思いを込めて追及していました。秘密保護法に対する国民の闘いなども取り上げ、廃止するよう強く求めました。

        
          控室のテレビで見る仁比議員の国会質問

 2月
 5日



 寒い1日でしたね

 昨夜のみぞれ、雪が山いっぱいに積んで、真っ白になっていました。本当に寒い1日でした。明日はもっと寒くなるそうです。風邪など引かないように気をつけたいですね。
        
 会長・幹事長会議と財政レク      

 2月議会の開会日が決まりました。また、委員会や代表・一般質問の日も決まりました。なかなか忙しくなりました。2月議会は予算議会。26年度予算は、昨年より大きな予算が提示されました。県民のくらし、福祉充実の予算となるよう、しっかり求めていきたいと思います。

                                  

 2月
 4日



 「さよなら原発徳島実行委員会」 幹事会に参加

 1年間の活動のまとめをし、3月15日に行う総会と講演会成功に向けて、役割など論議しました。また、今年の夏休みに行う予定の第3回「福島から徳島へ 子どもふれあい事業」の日程や内容などについて一つひとつ決めていきました。今年もたくさんの子どもたちや保護者に参加してもらって、徳島の夏を満喫してもらい、リフレッシュしてほしいと思います。

            
              昨年夏の参加の皆さんと

 2月
 3日



 朝の街頭宣伝

 二軒屋駅前で、塀本市議と共に、朝の街頭宣伝を行いました。塀本市議は、新町西再開発問題について熱く訴えました。この前の世話人会の様子などを訴えました。

        
           何としても白紙撤回へと訴える塀本市議

 午前は県議団会議、午後は恒例の会議

 月曜日は、会議の連続です。やるべき課題などについて、みんなで論議しました。

 2月
 2日



 日曜市での朝の街頭宣伝

 上村きょうこ県常任委員と共に、日曜市での朝の街頭宣伝を行いました。お天気も良く少し暖かいせいか、たくさんの方が激励してくれたので、やりがいを感じながら訴えました。

        
      原発ゼロへの思いなど訴える上村きょうこ県常任委員

        
         2月議会で取り上げたい問題について訴える私

 新町西再開発の白紙撤回を求める市民の会 宣伝と署名

 街頭宣伝の後、白紙撤回を求める会のみなさんと一緒に、1時間あまり宣伝と入会のお勧めを行いました。

        
              手前が代表の太田さん

 「守りたい吉野川の空と風」の現地見学会に参加

 11時から、吉野川最河口に集まって、「守りたい吉野川の空と風」の現地見学会に参加しました。午後から、(WWFジャパン)の草刈秀紀さん、九州大学大学院の清野聡子准教授の講演が計画されていましたが、会議なので、参加できず本当に残念でした。

        
  最河口に建設予定の高速道路橋の予想図の説明を聞く参加者

 2月
 1日




 「新町西再開発の白紙撤回を求める市民の会」 世話人会

 新町西再開発の白紙撤回を求める市民の会の世話人会が開かれましたので、私も参加しました。現状の取り組みや課題などについて、さまざまな意見を出し合い、論議しました。かちどき橋での宣伝行動を広げることやポスターの張り出し、ステッカーの自動車への添付、また署名をさらに集めること、会員の拡大など提案されました。できることから大きく広げていきたいと思います。

 音楽芸術ホールでは、活性化しないことは明らかです。再開発事業は、反対している人達を強制的に追い出してしまいます。勝手に計画を作り、決まったからといって、強制的に追い出して、再開発を行う、そんなことが、今の民主主義の世の中で許されるでしょうか。認めるわけには絶対行きません。2013,2014年度の2年間で、徳島市は、文化センターの耐震診断を行い、どうすれば耐震補強ができ、使い続けることができるか、その結果が出て、判断すべきです。

       
    再開発を白紙撤回した堺市の視察報告などを行う加戸市議

       
     川の駅構想で、墨田区の視察などを報告する見田市議


このページの先頭へ