ふるたみちよの活動日誌(14年3月)

2014年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月  10月 11月 12月

 3月
31日



 消費税増税反対の宣伝行動

 二軒屋駅前で、塀本市議と共に、朝の街頭宣伝を行いました。明日4月1日から消費税が8%になります。何としても増税中止をと訴えました。

        

        

 集会に参加してご挨拶

 上村きょうこ予定候補とともに参加させていただき、ご挨拶をさせていただきました。

 3月
30日



 宇民俊博美馬市議予定候補の後援会事務所開き

 地元の方々、同級生の方々、親戚の方々、後援会の方々など雨の中でしたが、たくさん集まって、事務所開きが開かれました。私も渡邊さんと一緒に参加して、事務所開きの後、街頭宣伝に頑張りました。
        
        
       3度目の挑戦、今度こそ議会へと頑張る宇民予定候補

        
        県議団を代表して応援演説をさせていただきました

 3月
29日



 さくら満開

 県内各地で、さくらが一気に満開となりました。さくらが咲くと、本当に明るく嬉しい気分になりますね。
         

         

 3月
28日



 徳島駅前での朝の街頭宣伝

 山田豊、上村きょうこ二人の県議予定候補、古田元則県書記長と共に徳島駅前での朝の街頭宣伝を行いました。みんな力を込めて、消費税増税中止や原発ゼロをめざして頑張り抜く決意を訴えました。

         

 午後は、廃棄物処理推進大会に参加

 全国大会が開かれましたので、私も参加して取り組みを聞いてきました。環境省や県の取り組みについて、3人がお話しされました。汚水処理が進まない徳島県の状況について県の水・環境課の課長が報告されました。

         

 3月
27日



 3月もあとわずか。今年は中規模の県職員異動

 知事の3期目、最後の1年、来年知事選挙ということで、大きな県職員の異動ではなく、中規模の異動だそうです。達田県議と共に異動対策に力を尽くしました。

                     

 3月
26日



 ふるたみちよだよりの作成

 今回は、シンポジウム「文化センターを存続させるために」について、消費税増税中止を求める建設労働組合の決起集会と宣伝行動に参加したことなどをまとめました。

                            

 生活相談の現地調査と申し入れ

 散歩道になっている遊歩道の河川整備されたところが壊れているとの相談があり、現地調査を行い、東部県土整備局へ対応してくださるよう、すぐに届けました。

 障害者施設について生活相談

 施設に入居されている方から問題点をお聞きし、担当課にお願いしました。

 3月
25日



 消費税増税中止を求める宣伝行動

 火曜日の朝は、宣伝行動を続けています。たくさんの方が、「頑張って」と激励してくれたり、「本当に給料は上がらないのに増税は困る」など声をかけてくれたり、やりがいがあります。最後まで、頑張りたいと思います。8%、さらに10%と上げられたら、本当に困るのは、私たち庶民です。

 消費税増税は、高齢者福祉のためでも、財政再建のためでもありません。大企業の減税と軍事の増強などに使われるのです。本当に許せません。増税中止に向けて力を合わせましょう。

       

 午後と夜は会議

 月曜日、火曜日は会議の連続です。たくさんの課題について論議しました。

 3月
24日



 県政だよりの仕上げは、2人で写真撮影

 達田県議と県庁の庭で、写真を撮り、印刷会社へ送り、一応完成。後は、校正するのみとなり、ほっとしています。しかし、もう一仕事残っているので、あと少し頑張らねばと思います。

 春休みの孫娘達と

 次々と日程が入っているので、なかなか時間が取れず、ゆっくり話ができませんが、少し時間を取り、きれいな景色を楽しむことができました。

 3月
23日



 消費税増税中止を求める決起集会と宣伝行動

 建設労働組合が県下各地で決起集会と宣伝行動を行いました。上村きょうこ県議予定候補、山田豊県議予定候補と共に参加して、一緒に頑張りました。全体では500人、徳島本町交差点では150人が参加して、宣伝を行いました。のぼりやプラスター、ハンドマイクも用意され、団結をアピールしました。消費税増税は、建設労働者の方々には、大問題です。何としても中止をと強く求めました。

       

       
      4カ所に分かれて宣伝(上村きょうこさんのHPより拝借)

 3月
22日



 午前中は、達田県議と共に2月議会の県政だより作成

 2時過ぎまでかかって県政だよりの作成に頑張り、仕上げました。書きたいことがいっぱいありますが、短くまとめるのはいつも大変です。

 治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟主催の3・15のつどい

 2部構成でつどいが行われましたが、遅れて参加したので、2部から参加しました。現在の阿南市下大野町出身の大栗清実医師は、我が国で初めて、労働者・農民の手による無産者診療所を東京の大崎に作り、初代所長になられた人です。治安維持法違反で、2度も逮捕されました。その後、徳島へ戻り、阿南市長生町に開業し、「赤ひげ先生」と呼ばれ、みんなに親しまれて、医療に携わってこられました。
 先生の業績をたたえ、健生病院阿南診療所に顕彰碑を作る計画です。先生の誕生日の12月1日に除幕式ができるように進めているそうです。

       
          会場いっぱいに集まった参加者

       
      大栗清実先生の業績などをお話する湯浅良幸先生

 3月
21日



 89回目の原発ゼロ・金曜日行動に参加

 徳島駅前での宣伝行動は、第89回目となります。私は、19日の四国電力徳島支店への申し入れのことを報告しました。寒かったけれど、今回は19人が参加して、「伊方原発再稼働反対」「子どもを守れ」と大きな声でアピールしました。

       

 3月
20日



 美馬市へ応援に

 美馬市の市議会議員選挙は、4月13日告示、20日投票で行われます。何としても日本共産党の1議席を実現させるために頑張り抜かねばと思います。今日は宇民予定候補と街頭宣伝に頑張りました。たくさんの人が手を振ったり、「頑張れ」と声をかけてくれたり、激励してくれました。

        
          元気に熱く訴える宇民市議予定候補

        
             訴える横にはさくらが満開でした

 3月
19日



 四国電力徳島支店へ申し入れ

 3月15日に行った「さよなら原発徳島実行委員会」総会と記念講演会で決議された「集会アピール」を持って、四国電力徳島支店へ申し入れを行いました。20人あまりが参加して、みんなで思いを伝えました。私も原発に頼らず、自然エネルギーへの転換を四国電力自身がやってほしいと訴えました。

       
          申し入れを渡す藤永代表とすぐ右が私
       
 美馬市へ車を走らせる

 申し入れの後、高速道路を走り、宇民さんの美馬市へ行きました。後援会の打ち合わせです。いろいろ選挙までの課題などについて論議しました。事務所開きは、3月30日(日)10時から宇民さん宅。4月6日(日)午後4時から近くの集会所を借りて、演説会を予定しました。3度目の挑戦でがんばっている宇民さんの議席獲得を何としても実現させるために、ご支援よろしくお願いいたします。

 3月

8日




 消費税増税中止を!!

 火曜日の朝は、消費税増税中止を求める宣伝行動に頑張っています。何としても中止を求めています。「もうけるのは大企業だけ。中小企業は本当に大きな打撃を受ける。もっと反対せなあかん。安倍首相は、憲法改悪など次々と間違ったことばかりやってる。」と声をかけてくれました。さらに頑張らねばと思います。

       

 八万小学校の卒業式

 宣伝行動の後、卒業式に参列。96名の子どもたちが巣立っていきました。5年生と卒業生との向かい合っての送別の言葉や歌はいつも感動します。素晴らしい卒業式でした。

       
         卒業生の歌は男子生徒の伴奏でした

 3月
17日



 二軒屋駅前での朝の街頭宣伝

 今朝は一人で、訴えました。2月議会の議会報告を行いました。

 午前中は県議団会議、午後は恒例の会議、夜は地域の会議

 月曜日は、会議の連続です。それぞれに論議して、今後の取り組みなどについて決めていきました。
                               

 3月
16日



 日曜市での朝の街頭宣伝

 上村きょうこ県議予定候補と共に日曜市での街頭宣伝を行いました。上村きょうこ県議予定候補は、医療や介護についていろいろお話しされました。私は、2月県議会での状況について報告しました。

 シンポジウム「文化センターを存続させるために」開催される

 120人が参加して、シンポジウムが開かれました。パネラーは、小谷幸久鳥取県米子市公会堂市民会議会長、来間直樹米子市公会堂市民会議会員(建築士)、福永二郎徳島市文化センター検討市民会議公募委員、久次米尚武徳島市議会議員の4人でした。それぞれの立場からお話しされました。
 Is値が低くても必ず耐震化でき、長持ちできるというお話には、大変勇気づけられました。

       

       
    米子から来てくださった来間建築士と小谷市民会議会長

 3月
15日



 徳島文理大学卒業証書授与式に参加

 お招きいただきましたので、参加させていただきました。1054名の卒業生でした。すごいですね。さまざまな所で、ご活躍されることと思います。卒業生のみなさんに幸多かれと願って、参列させていただきました。

 さよなら原発徳島実行委員会 第3回総会と記念講演会

 「さよなら原発徳島実行委員会」第3回総会と中里見博先生の講演が行われました。先生のお話は大変分かりやすかったです。原発を作るのは、プルトニウムを作り、核兵器を作るためのものだというお話に納得しました。

        
           原発と9条のお話をされる中里見先生

 3月
14日



 八万中学校の卒業式 サプライズ なみだ!なみだ!

 粛々と式が進み、素晴らしい卒業式が終わり、卒業生退場となったその時、一人の女生徒が、「ちょっと待ってください。私たちに少し時間をください」と立ち上がり、「校長先生が最後の卒業式。退職されます。樋口先生も退職されます。」といって、「仰げば尊し」を高らかに歌い始めたのです。何人かの生徒が先生への感謝の言葉を述べ、6クラスすべての生徒全員が立ち上がり、贈りたい歌を歌ったのです。本当にみんな驚きと感動で涙が流れて仕方ありませんでした。こんなに素晴らしい感動的な卒業式は今までにありませんでした。

       
        卒業生代表がお別れの言葉を述べるシーン

 官邸前行動に呼応する徳島での金曜日行動 ここでもサプライズ

 とっても寒くて参加者は少し少なかったのですが、「徳島でも頑張っているのですね」「本当にありがとうございます」と声をかけてくださる方がいました。「官邸前行動に呼応して、徳島でもずっと頑張っているんですよ。良かったらぜひご一緒にしましょう」というと、参加者全員に熱いコーヒーやお茶を差し入れしてくれました。嬉しかったですね。中学生等も一緒にコールしてくれました。今後も頑張り抜かねばと元気をいただきました。

 3月
13日



 2月議会閉会日

 達田県議が19議案と選挙区定数を徳島選挙区と板野選挙区を1人ずつ削減する条例に関して、反対討論を行いました。私は労働法制改悪を止めるよう求める請願と35人学級を中学2年生への拡大を求める請願と就学援助の充実と給付型の奨学金制度の創設を求める請願について採択せよと討論しました。
 議長、副議長、関西広域連合議会議員の選挙が行われました。驚いたことに35対2で、私たち以外の他の会派は、オール与党の様相でした。

 福島県から素敵なプレゼント      

 大根やじゃがいもを送り届けている方々から、思いのこもった色紙をいただきました。本当に嬉しくて、感動しました。私宛になっていますが、阿南の姉が大根やじゃがいもを植え、育ててくれたものです。姉に渡さねばと思います。3年前の冬から始めて、ずっと続けています。3年になるので、本当にありがとうと書いてくださっています。今後もできる限りの支援ができたらと思っています。

        

 我が家のサクランボが満開

 昨日、今日の暖かさで、満開になりました。

        

 3月
12日



 ふるたみちよだよりの作成

 2週間に1回発行しているふるたみちよだよりの作成にがんばりました。今回は、3月6日に行った秘密保護法廃止を求める女たちの怒りの行動に参加したこと、3月11日の原発ゼロをめざす集会とパレードに参加したことなどをまとめました。

 達田県議と反対討論作成

 会長・幹事長会議、議会運営委員会の後、明日の閉会に向けて、反対討論作成に全力投球。今議会出された105議案に対して、県民に負担をかける議案など19議案に反対します。達田県議が反対討論。継続審査となっている請願のうち、3件について採択せよと私が討論します。
 議員定数や選挙区等の条例案に対して、達田県議が反対討論をします。

                                 

 3月
11日



 東日本大震災からちょうど3年目

 今日は、3,11東日本大震災があった3年目の日。「福島を忘れるな!再稼働を許すな!3,11集会」が原発ゼロ徳島連絡会主催で行われました。私も参加して、一緒に大きな声で、「伊方原発再稼働反対」「子どもを守れ」とアピールしました。

      
        「再稼働反対」のプラスターを持つ私

      

 朝は消費税増税中止を求める宣伝行動

      
         上村きょうこ県議予定候補と共に宣伝行動

 3月
10日



 朝の街頭宣伝

 二軒屋駅前で、塀本市議と共に朝の街頭宣伝を行いました。塀本市議は、見田市議が取り上げる新町西再開発問題、中野市議が取り上げる質問などについて訴えました。私が訴えをしようとマイクをもらったところで、またもや音が出なくなりました。充電が足りないようです。昨日の日曜市での宣伝はできたのですが・・・

       
                 訴える塀本市議
       
 会長・幹事長会議

 議員提出の条例2議案について、選挙区等検討委員会の結果について、それから新年度の常任委員会や特別委員会の委員割り振りについてなど決めていきました。それから、12日の会長・幹事長会議、議会運営委員会で論議することなども話し合いました。

 3月
 9日



 日曜市での朝の街頭宣伝

 上村きょうこ県議予定候補と共に行いました。新町西再開発の白紙撤回を求める市民の会のみなさんが、懸命に訴えをしています。私もほんの少し一緒に頑張りました。

       

 その後、三好市へみなみ盛晴市議予定候補の応援に

 定数20名に27から8名がでて多数大激戦の様相です。みなみ予定候補とともに街頭宣伝に頑張りました。子ども医療費無料化を中学校卒業まで拡大するなど、要求実現や市政の監視役として頑張っているみなみ市議の議席はどうしても守り抜かねばと思います。

       
              訴えるみなみ盛晴市議

 3月
 8日



 梅の花があちらこちらに、

 春が感じられる梅の花が咲いています。可憐に、でも寒さに負けず、しっかりと咲いているので、見る私も励まされます。

       

 3月
 7日



 徳島駅前での街頭宣伝

 金曜日の朝の街頭宣伝は、山田豊、上村きょうこ両県議予定候補、古田元則県書記長と共に徳島駅前で行いました。私は、一般質問で取り上げた消費税増税問題、非正規雇用問題、吉野川渡河橋問題について訴えました。

 その後、長男夫婦のいる岡山倉敷へ

 なかなか時間がなく、行けていなかった長男夫婦に会いに岡山県倉敷に向かいました。本当に寒かったですね。でも、元気な二人に会えて嬉しかったです。

 3月
 6日



 防災対策特別委員会

 各学校での防災訓練について問いました。登下校での訓練は参観日などに保護者と共に行っている学校が増えています。夜間訓練にも取り組んでほしいと問いました。いろんな場面を想定して行うと課題が見えてきます。

 アスベストやPCB廃棄物など危険物については、大地震などで漏れたり、飛散して子どもたちに被害が出ては大変です。除去することや処理することが必要です。どのように対応しているのか問いました。アスベストについては、県立学校などでは、改修や建て替えなどで除去が進んでいます。しかし、まだ残されている所があります。PCB廃棄物は、26年度中に北九州の工場へ運び、処理するとの答弁でした。きちんと対応するよう求めました。

 全国各地で、災害時に利用できる「井戸」の登録制度が取り組まれています。鳥取県は、4町と共に今年1月から開始しています。災害時に断水となった時に、飲料水ではなく、洗濯やトイレに使う生活用水に活用できる「井戸」の登録をしてもらい、地図に示して、住民に知らせています。徳島県でも取り組んでいくよう求めました。考えていくとのことでした。

 その他、老朽化空き家住宅除去の事業、多々羅川の河川改修、男女共同参画交流センター「フレア徳島」の災害時の取り組みについてなど問いました。3時半過ぎまで委員会が続きました。

 秘密保護法廃止、女たちの怒りの行動

 
自民・公明政権が強行採決した12月6日を忘れないように、今日6日、5時半から徳島駅前で、みんなで集まって廃止に向けてリレートーク、ビラ配布、署名など宣伝行動を行いました。

       
    訴える諏訪代表と右から私、達田県議、有川さん、乾代表

       
         

 3月
 5日



 明日は、防災対策特別委員会

 今日は、明日の防災対策特別委員会の準備に時間を費やしました。1年間最後の委員会ですので、尋ねたいことがいっぱいです。河川整備や防災教育、防災訓練など問いたいと思います。アスベスト対策、PCBの処理状況についても、時間があれば質問したいと思います。

                              
                          担当者の方にいろいろ問いました

 3月
 4日



 教育委員会関係の文教厚生委員会

 高等学校等の就学支援金制度について、DV、ネグレクトなど事情で申請書や所得証明書などが出せない世帯に対する配慮を求めました。

 大学生に対する給付制の奨学金制度の創設を国へ求めてほしいと問いました。大学1年生の初年度の納付金は、国立大学で81万円、私立大学で131万円が平均といいます。高校・大学生に対する給付制奨学金制度の創設を機会があれば、国へ提言ほしいと求めました。機会があれば提言したいとの答弁でした。

 就学援助について、準要保護世帯に対する就学援助をどの市町村でもすべての項目に支援するよう求めました。また、生活保護費引き下げによって、今まで受けられる世帯が対象外になることがないよう市町村教育委員会とも連携して取り組んでいただきたいと求めました。

 安倍内閣が進めようとしている「教育委員会」改革について、教育長や教育委員長はどのように受け止めているのか問いましたが、個人的な意見は言えないとの答弁でした。「教え子を再び戦場へ送らない」その思いで、臨むべきでないのか。戦前の軍国主義教育の反省から教育委員会が作られました。首長の元に置かれる教育委員会となり、政治権力が強まり、安倍首相のめざす「愛国心」の押しつけ、道徳の教科化、戦争する国づくりを支える教育づくりを許していいのか。現在の教育委員会をしっかり維持していくことが大事と主張しました。

 中学校で、講師の免許外授業が問題になっているが、徳島県の場合はどうか問いました。講師は免許外授業はできないが、教師が申し出た場合は、問題ないとのことで、徳島県の場合は、工夫しているとの答弁でした。子どもたちにとっては、専門的な資格を持った教師に教えてもらうことが最も幸せなので、教師を採用して、対応してほしいと求めました。

 3月
 3日



 保健福祉部・病院局関係の文教厚生委員会

 消費税増税で、病院局としてどの位の負担が増えるのか、どのように対応していくのか問いました。約2億円の税金を納入することになること、経営努力と節減に努めることなど取り組むとの答弁でした。

 後発医薬品の使用拡大について、27年度にはすべての病院で60%を目標にするとなっています。24年度実績は、8,4%なのに、2年後には60%、達成できるのか、あまりにも違いすぎるのではないかと問いました。金額ベースから使用品目ベースに変更するので、60%にしたとのことでした。患者にとっても病院にとっても節減になるので、進めてほしいと求めました。

 
 3月
 2日



 日曜市での宣伝行動

 宣伝カーの調子が悪く、訴えができず、残念でした。新町西再開発の白紙撤回を求める宣伝行動に頑張りました。市民の会入会や、文化センターの耐震、リニューアルを求める署名集めを大声で呼びかけました。

       
     頑張る市民の会のみなさんと上村きょうこ県議予定候補

       
         毎週ずっと頑張る会のみなさんと訴える

 3月
 1日



 早3月、本当に月日が過ぎるのが早すぎますね

 あっという間に、1月、2月が過ぎ、早3月です。月末と月初めは大忙し。今月も大変でした。

 勝浦町のビッグひな祭り

 実家の兄のお見舞いに行く途中に、勝浦町のビッグひな祭りを見ました。すごいですね。会場いっぱいのおひな様にびっくりしました。お客さんがたくさん来ていました。

       

       

       


このページの先頭へ