ふるたみちよの活動日誌(7月)

2014年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月  10月 11月 12月

 7月
 3
 1日



 「躍進月間」成功に向けて

 党創立92周年記念、いっせい選挙勝利に向けての「月間」最後の31日。成功に向けて、頑張りました。

 生活相談解決へ

 ずっと以前にお願いされていた階段の手すりがつきました。夜近くで会議に参加した後で撮影したので、暗いですが、分かるでしょうか。手すりがなく、丸くなった縁から落ちた人もいたので、本当によかったです。

        

 「官舎の木が道路の方へ伸びて困る」「堤防の草刈りをお願いしたい」「道路標示が不十分で、危険で事故が起きている」など寄せられた要望実現のためにそれぞれの担当の所にお願いしました。

 7月
 3
 0日



 ふるたみちよだよりの作成

 今回は、7月25日に新町西再開発問題で市長宛に申し入れを行ったことと29日の福島の子どもたちが日和佐川で川遊びをした様子をまとめました。

 仲間を迎えて歓迎会

 Mさんを迎えて歓迎会でした。本当に嬉しいですね。共に頑張りたいと思います。

 7月
 2
 9日



 福島の子どもたちは、日和佐川で川遊び

 福島の子どもたちは思いっきり川遊びを楽しみました。カヌーに乗る子、エビやカニを捕る子、泳ぐ子それぞれに楽しみました。日和佐の子どもたち16人も合流し、共に遊び、交流しました。

        

        

         

 7月
 2
 8




 福島から徳島へ

 徳島の豊かな自然を満喫してもらうふれあい事業が始まりました。今日から8月2日までの5泊6日の取り組みです。親子12組29人の参加です。歓迎の交流会が開かれ、私も参加しました。楽しい思い出をいっぱい作ってもらいたいなと思います。乾杯の音頭を取らせていただきました。

         
          歓迎の歌を歌うふれあい合唱団(にわか結成)

         
        参加者一人ひとり自己紹介をし、交流会は最高潮に

 7月
 2
 7日



 東京から昼頃に帰り、新婦人フェスタへ

 新婦人フェスタは、それぞれの小組で取り組んでいる活動など発表会がありました。朗読劇、笑いヨガ、和服から素敵な洋服へのリフォーム、親子ダンスなど多彩な取り組みにびっくり。その後、熊丸みつ子さんの講演でした。子どもを大切にする、子育てのあり方などとてもよく分かるお話でした。笑いたっぷりで、本当にお話上手です。

        
               素敵なファッションショー

        
           たっぷり1時間楽しくお話する熊丸みつ子さん

        

 7月
 2
 6日



 大学時代の友人Oさんのお通夜

 私のHP作成にも更新にも本当にお世話になったOさんが亡くなられました。他の友人とも連絡し、お見舞いに行こうと計画をしていたその日がお通夜になってしまいました。本当に残念でなりません。東京まで行き、お通夜に参列させていただきました。Oさんは、息子さんの運転で、元気を振り絞って、今年5月の連休前に徳島に帰ってきたのが最後になりました。とてもおだやかなお顔でした。ご冥福をお祈りしながら、お別れしました。安らかにお眠りください。

        
               西東京市の葬儀会場で

 7月
 2
 5日



 朝の街頭宣伝

 徳島駅前で、古田元則県書記長、上村きょうこ県議予定候補と共に訴えました。集団的自衛権行使容認は何としても撤回をとそれぞれに訴えました。私は6月議会の様子なども訴えました。

 新町西再開発問題について申し入れ

 1800人の意見書を正式に受け付けず、口頭陳述をしたいという148人をたった6人ですまそうとする徳島市のやり方に対して、市民の思いをしっかり受け止めるよう申し入れを行いました。

         
  部長相手に申し入れをする新町西再開発の白紙撤回を求める会のみなさんと
  具体的に申し入れの中身を訴える塀本市議(立っている人)

 原発ゼロをめざす金曜日行動に参加

        
        訴える私と手塚、山田、上村、3人の県議予定候補

 最後は、9条の会徳島の役員会

 金曜日行動を途中から失礼して、9条の会徳島の役員会に久しぶりに参加しました。11月3日に行う第5回9条まつりについていろいろ打ち合わせを行いました。

 7月
 2
 4日



 「守ろう憲法」の朝立ち

 わたなべ亜由美徳島市議予定候補と共に朝の宣伝。「守ろう憲法」の宣伝に頑張りました。

         
             頑張るわたなべ亜由美市議予定候補

 わたなべ亜由美市議予定候補とともに街頭宣伝

 朝立ち宣伝の後、午前中は、わたなべ亜由美市議予定候補と共に街頭宣伝。山城町や新浜の方で街頭宣伝に頑張りました。出てきて聞いてくださる方や「集団的自衛権行使容認は許せない」と署名してくださる方もいました。何としても頑張り抜かねばと思います。

          
           懸命に訴えるわたなべ亜由美予定候補

 7月
 2
 3日



 伊島芸術祭「楽園」〜三好和義と写真愛好家たちの写真展〜

 達田県議の3人のお孫さんたちと共に伊島芸術祭に行きました。阿南市にあるとはいえ、伊島へは初めて行きました。自然豊かな伊島は、阿南市と思えない感じでした。

         
            伊島小・中学校の体育館が写真展会場

         
           「カベヘラ」から見下ろした紀伊水道の風景

 7月
 2
 2日



 朝の宣伝行動

 「守ろう憲法」の宣伝行動を行いました。

 那賀町の相談解決のために

 那賀町のKさんから相談が寄せられた件で、達田県議と共に現地を訪問して調査してきました。かつて、明治43年につくられた県下初の水力発電所跡を見てきました。

        

        

 7月
 2
 1日



 秘密保護法廃止めざす意見広告募集中

 8月6日が第1次締め切りです。8月31日付の徳島新聞広告には、400万円が必要だそうです。秘密保護法廃止の思いを込めて、ご協力くださるようよろしくお願いいたします。個人1口1000円、団体1口5000円です。

                      
    山陽新聞に掲載された岡山県の皆さんの意見広告

 7月
 2
 0日



 日曜市での朝の街頭宣伝

 上村きょうこ県議予定候補と共に、日曜市での朝の街頭宣伝に頑張りました。上村きょうこ県議予定候補は、集団的自衛権行使容認の「閣議決定」撤回、社会保障改悪反対などくらし優先の政治に切り変えるために頑張る決意を熱く訴えました。私は6月議会の様子など訴えました。

         

         

 建設労働組合東支部第35回定期大会

 定期大会にお招きいただきましたので、加戸市議、見田市議と共に参加して、ご挨拶をさせていただきました。熱気あふれる大会でした。平和を守る運動や消費税増税反対の運動など頑張っている報告などお聞きして、共に頑張らねばと思いました。

 
 7月 
 1
 9日



 選挙学校

 迫っているいっせい地方選挙をどう闘うのかなど中央選対局の近藤護さんからお話がありました。
@「自供対決」の時代ー党躍進の本格的な流れをつくるA地方議員選挙の論戦ーどう準備し、展開するかB「選挙革命」を発展させ、立体的なとりくみをの項目でお話がありました。いろいろ勉強になりました。しっかり活かして頑張りたいと思います。

                              

 7月
 1
 8日



 朝の街頭宣伝

 金曜日の朝の街頭宣伝を古田元則県書記長、山田豊元県議会議員(来年の県議予定候補)と共に徳島駅前で行いました。集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回をと強く訴えました。私は、6月議会の様子などを訴えました。

        
           山田豊予定候補と共に訴える私

 大先輩のMさんが亡くなる

 さまざまな活動をされてきた、元気いっぱいのやさしいMさんが亡くなりました。本当に寂しいです。お通夜に参列させていただき、お別れをしました。安らかにお眠りくださるよう、ご冥福をお祈りしながらお別れしました。

 7月
 1
 7日



 渡邊亜由美 市議予定候補と共に、朝の宣伝

 「憲法9条まもろう」「守ろう憲法」のプラスターを持って、朝の宣伝行動を渡邊亜由美市議予定候補と共に行いました。手を振って激励してくださる方もたくさんいて、本当に良かったです。

         
              頑張る渡邊亜由美市議予定候補

         
                 宣伝行動をする私

 
 7月
 1
 6




 山になっていた資料などの整理

 狭くなった控室から持ち帰った資料などを山に積んでいました。暑い上に山になった資料に悩まされていました。県議補欠選挙、6月議会と忙しい毎日で、全く資料の片付けができていませんでした。やっと時間ができ、片づけに取りかかりました。ところが、古い資料が出てきて、捨てるかどうか迷ってしまいました。1日かかって何とか片づけました。

         

 8月2,3日神奈川でのの日本母親大会参加者の打ち合わせ

 徳島から子どもたちも含めて40人の参加予定です。すごいですね。達田県議と共に私も参加します。全国の取り組みをしっかり学んできたいと思います。

 7月
 1
 5日



 党創立92周年記念講演会のライブ中継

 夕方から志位委員長の記念講演会が開かれ、ライブ中継をみんなで見ました。今日7月15日は、党創立92周年です。一貫して、平和を守る立場で頑張り抜いてきた日本共産党を大きくしていかねばと改めて思います。志位委員長の今までにない迫力で訴える記念講演会となりました。「亡国の政治」と決別し、未来に責任を負う新しい政治に転換させるため、「安倍政権打倒の国民的大運動を」と訴えました。頑張ります。

         

 定例の朝立ち

 「憲法守ろう」のプラスターを持ち、朝の宣伝行動を行いました。集団的自衛権行使容認は、何としても撤回をとの思いで頑張りました。

 7月
 1
 4日




 忙しい1日でした

 次々日程が入っていて、朝から夜10時過ぎまで、移動時間以外、休みなく忙しい1日でした。夕方6時半からの「さよなら原発徳島実行委員会」は、7月28日から8月2日までの福島から子どもたちを招いて、リフレッシュしてもらうふれあい事業について、論議しました。
 私も28日の歓迎行事や29日の日和佐川の川遊びなどに参加する予定です。徳島の夏を思いっきり楽しんでもらえたらと思います。 

       

  
              昨年の夏の取り組みから

 7月
 1
 3日



 八万の歓迎会

 新しい仲間を迎えて、歓迎会を開きました。本当に嬉しいですね。みんなで頑張ることを誓い、お祝いしました。塀本市議も参加して、共に祝いました。

 夕方は花の苗植え
                            
 ダリアやペチュニアの花の苗を買ってきて、しばらくそのままにしていたのを思い出し、植えました。私はO型で、蚊によくさされます。苗を植えた後、見てみると10カ所くらい蚊に刺されていました。本当に蚊はきらいです。

                                    

 7月
 1
 2日



 弁護士の会が「集団的自衛権についての学習会」開く

 議員や政党への学習会への案内があり、私も参加させていただきました。徳島大学で「憲法食堂」を開催し、興味を持ってもらうために頑張っておられる中里見先生と饗場先生がお話ししてくださいました。
 一つひとつ条文の解説や安倍首相の会見でいった言葉など、どこが問題であるかなどお話ししてくれました。よく分かった気がします。何としても多くの方に本質を知ってもらい、集団的自衛権行使容認の「閣議決定」撤回を求めて頑張らねばと思います。

        
   質問に答える左から司会の上地弁護士、饗場先生、中里見先生

 7月
 1
 0日



 6月議会閉会

 達田県議大健闘!!集団的自衛権行使容認は反対、秘密保護法ただちに廃止を求める請願は採択すべきなど、議案1件と請願3件について懸命に討論しました。また、参議院選挙制度改革については、議員総数や比例定数を減らさないとした中で、1票の格差問題も解決し、民意をしっかり反映する11ブロックの比例代表制度を基本にして抜本的見直しをすべきと討論しました。

 私は羽田空港の空路規制緩和を求める意見書は、1,安全面2,騒音問題、3,排ガスなど環境問題の3点から問題があると指摘し、反対討論を行いました。

 達田県議と打ち上げ

 6月議会も無事終了。共においしいランチを食べ、ねぎらい合いました。午後は、夏の視察などの打ち合わせをしました。

 台風被害大丈夫でしたか

 大きな台風でした。徳島県では停電がありましたが、人命に関わるような被害はなかったようですが、皆さんの所大丈夫でしたか。全国各地では土石流などの被害が出て、被害に合われた方がたくさんいて、心が痛みます。被害に合われた方に心からお見舞い申し上げます。

 7月
 9日



 台風8号接近

 全国各地で被害の様子がテレビに映し出されています。徳島県にも接近にともない、雨、風共に激しくなってきています。大きな被害が出ないようにと願うばかりです。

 議会運営委員会

 10日の閉会に向けて、議事順序など決める委員会が開かれました。日本共産党は、PFI事業で行う県営住宅指定管理者に関する議案と秘密保護法廃止を求める請願、集団的自衛権行使容認反対の請願など3件について達田県議が反対討論を行います。私は、羽田空港の増便に向けて空路規制緩和を求める意見書に対する反対討論、そして、参議院選挙制度改革に関する意見書に対する反対討論を達田県議が行います。必死になって、討論原稿の作成に頑張りました。

                                  

 7月
 8日



 朝の宣伝行動

 「平和憲法守れ」とアピールしました。「集団的自衛権行使容認はただちに撤回を」との思いで訴えました。

       

 10日の県議会閉会に向けて反対討論の作成、恒例の会議の連続

 達田県議と共に、閉会に向けて反対討論の作成に頑張りました。午後と夜は、会議の連続でした。いっせい選挙に向けての取り組みなど論議しました。

 7月
 7日



 環境対策特別委員会

 自然エネルギーの普及拡大について、冷田川の浄化対策について、民間建築物のアスベスト除去対策について、学校での環境教育についてなど質問しました。

 自然エネルギーの対策では、水産業や農林業への太陽光発電などの導入について、一般住宅の太陽光発電はどの位進んでいるのか、徳島県の使う電力にしめる自然エネルギーの割合はいくらかなど聞きました。四国電力管内の割合ということで、水力発電が10%、自然エネルギーが3%という答弁でした。

 環境教育については、節電、ゴミの分別、リサイクルなどを学習し、取り組み、地域へも出て広げていくそうした目標を掲げて取り組みを進める「新、学校版ISO」認定はどの位進んでいるのかの問いには、70数%でした。子どもの頃から環境に関心を持ち、取り組みを進めることが大切です。100%になるよう取り組みを求めました。

 冷田川の浄化対策については、生活排水ばかりが流れ込む冷田川は浄化が必要であるし、憩いの場となるよう遊歩道の整備など求めました。

 7月
 6日



 福島の子どもたちにリフレッシュを

 7月28日から8月2日まで子どもたちを招いて、徳島の自然を満喫してもらうためのカンパ活動に参加しました。たくさんの方が支援してくれました。しかし、福島の親子30人を5泊6日で招く事業です。300万円位必要です。まだまだ足りません。ぜひ皆さんカンパをお寄せください。

        

 第54回徳島県母親大会に参加して、福島への支援活動報告

 午後は、母親大会に参加して、いろいろ勉強になりました。達田県議が参加した県下の議員を代表してご挨拶、私が福島支援について報告させていただきました。記念講演は、「米軍への”思いやり予算”ってなあに?」と題して、リラン・バクレーさん(青山学院大学非常勤講師)のお話でした。アメリカ人から見た日本の状況について、いいところが壊されそうだと心配しながらお話しされました。大会の後、徳島駅まで母親行進を行いました。「戦争反対」「自衛隊を戦場に送るな」などシュプレヒコールしました。

        
         上手な日本語で講演するリラン・バクレーさん

 7月
 5日



 秘密保護法廃止をめざす徳島大集会実行委員会 結成総会

 9月6日に1000人規模の大集会を開くための実行委員会が結成されました。私も参加して、何としても世論を大きく広げ、戦争へ続く秘密保護法廃止をめざして頑張る決意を新たにしました。平和を願う方々が会場いっぱいに集まりました。

        
              呼びかけ人の上地弁護士

 8月31日の徳島新聞朝刊に意見広告を!!

 秘密保護法廃止を求める意見広告を徳島新聞朝刊いっぱいに掲載を求めて、参加者を募る運動にも取り組む方針が出されました。ぜひ多くの賛同を得たいものです。皆さんご協力ください。1口1000円です。

 7月
 4日



 7日の環境対策特別委員会の準備

 月曜日には、環境対策特別委員会があります。自然エネルギーの拡大について、アスベスト対策、農林における対策、河川の浄化対策など担当課の方にお聞きしました。しっかり質問できたらと思います。

 閉会(7月10日)に向けて、準備

 7日の特別委員会が終われば、閉会への取り組みがあります。達田県議とふたりで手分けして、私たちが所属していない委員会へ出された議案や請願などについて調査して、態度を決める必要があります。討論の準備もしなければなりません。達田県議は、文書質問の提出に向けても大奮闘です。

                              

 7月
 3日



 企業局、危機管理部関係の県土整備委員会

 企業局関係では、企業局の管理する建物、土木施設、駐車場などの耐震化対策の現状について、水力発電、太陽光発電の電力量、そして、徳島県が使っている電力量に占める割合について質問しました。自然エネルギーは、企業局分だけで4,9%だそうです。耐震化は8割できているそうです。

 危機管理部関係では、動物愛護センターなどの取り組みで、犬・猫処分殺数とその削減目標、どのような取り組みをしていくのか、去勢のための補助制度の状況、狂犬病予防接種の状況についてなど質問しました。
 また、南海トラフに対してのゼロ作戦について、国土強靱化対策について、避難路、避難場所の誘導灯、照明についてなど質問しました。

                             

 7月
 2日



 県土整備部関係の付託委員会

 鉄道高架事業、県営住宅のPFI事業について、建設業者の社会保険加入状況についてなど質問しました。
 社会保険の加入では、2千数百の建設業者について調査した結果、3社が加入していなかったので、指導して加入してもらった、全国的には、指導に従わない業者がたくさんあるけれど、徳島県は、経営審査の中に社会保険の加入を条件にしてきたので、100%加入しているとのことでした。若者が安心して建設業に就けるように頑張ってほしいと思います。

 県営住宅のPFI事業については、12団地を集約して3団地にする事業で、一括して発注するということで、24億数千万円以上となり、国際的な募集となったそうです。大林組など7社が受けるPFI株式会社を作り、設計、建設、管理運営を20年間委託するというものです。仙台市では、PFI事業で作ったホールの天井が完成して余り立たないのに落下するという事故が起こりました。問題点を明らかにする検討委員会を作り、まとめています。その中で、PFI事業でない、やり方をしておれば、起こらなかったかも知れないと指摘しています。
 県内業者に件数でも金額でも90%以上に発注するという点でも、3団地ですから一つずつ発注すれば、県内業者で十分できる事業なので、そのようにするべきだったのではないか。業者任せで、仙台市のような事故が起こらないようしっかり取り組むべきと求めました。2週間ごとに打ち合わせもしているので、しっかり取り組んでいくとの答弁でした。

 鉄道高架事業については、平成18年度に準備採択してから全くといっていいほど進んでいないのは必要性においても、車両基地などさまざまな問題があるということで、勇気を持って中止の決断をすることも必要だと主張しました。1区、2区に分けて都市計画決定をしようとしていますが、問題のある車両基地の予想されるところは、浸水区域で、埋め立てして車両基地を作るとさらに危険が強まります。そうした問題のあるところ、全く隠したまま進めることは間違いだと主張して質問しました。

                            

 7月
 1日



 集団的自衛権行使の閣議決定撤回を!!

 海外で戦争する戦争への道を際限なく踏み出す集団的自衛権行使容認は、絶対認めるわけにはいきません。憲法破壊の閣議決定は何としても止めさせようと訴えました。

        
    共に訴えた古田元則書記長、上村きょうこ県議予定候補

 委員会準備

 達田県議は文教厚生委員会、私は県土整備委員会です。ふたりで励まし合いながら、準備に頑張りました。


このページの先頭へ