ふるたみちよの活動日誌(11月)

2014年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月  10月 11月 12月










 日曜市での朝の街頭宣伝とごあいさつ回り

 ふるた元則1区予定候補と共に、街頭宣伝で訴えた後、ごあいさつ回りを行いました。「今回初めて共産党に入れます」「本当に安倍首相は怖い。戦争させてはいかん」「共産党に頑張ってもらわないとあかん」「共産党が少なすぎる」など激励やおしかりを頂きました。

        

 大栗清実さんの顕彰碑除幕式と交流会に参加

 阿南市出身の大栗清実さんは、健生病院の基礎である「大崎無産者診療所」を開設、初代所長となり、「いのちの平等」を貫いてきたお医者さんです。共産党から衆議院選挙に3回立候補した方でもあります。偉大な大栗清実さんの顕彰碑を作ろうとカンパに取り組み、200万円を超す寄付が集まり、阿南市の健生阿南診療所内での建立にこぎ着けたもので、大きな感動でした。除幕式と交流会に参加して、共にお祝いしました。

        

        
   徳島県美術家協会副会長の西南龍先生が書かれたものです










 午前中は阿南市で達田県議とともに街頭宣伝

 加茂谷地区や長生町、桑野町で街頭宣伝を行いました。同級生や親戚の方にも会えて、本当に良かったです。「応援するけん。頑張ってよ」「 体に気をつけて、頑張りよ」などとたくさんの激励を頂きました。演説を聴いてくれた同級生が、2人のお孫さんと一緒に来てくれて、みかんの差し入れもいただきました。桑野町のJA阿南アグリでは、お祭りが行われていました。そこにも行って、歩いて会場に向かう方々にご挨拶をさせていただきました。たくさんの方が来ていて、大変にぎやかなお祭りでした。

           
      お店で買い物する人やコンサートを楽しむ人でいっぱいでした

           

 午後から事務所での仕事や結集会議

 午後からは、いろいろやるべき仕事をみんなと力を合わせて取り組みました。夕方からは結集会議。何としても四国比例で勝ち抜くために頑張り抜こうと熱く意思統一し、決意を新たにしました。










 事前の環境対策特別委員会

 災害廃棄物の処理について、財政についても計画に盛り込むべきと求めました。災害廃棄物は一般廃棄物なので、市町村が処理するのですが、やはり財政は大変なので、国や県も応援すべきと思います。県の計画にもきちんとそのことを入れるべきと求めました。屎尿のくみ取りなどについては、台風11号、12号では、那賀町と阿南市では、対応が異なりました。災害で発生した廃棄物は、行政が負担するのが住民にとって当たり前だと思います。

 佐那河内の焼却場問題について、環境省や県が進めている循環型社会推進に逆行するやり方だと批判し、県は33分別を行い、ゴミの減量化、再利用、再生利用を進めている佐那河内の取り組みをしっかり応援して、これを模範にして、他の市町村でも自区内処理をしていくよう助言するべきと求めました。県は、7市町村で作っている協議会の審議や取り組みを見守っていくとの回答でした。また、最もゴミの分別や減量化を進めている佐那河内村の山の中に建設することが問題だと主張しました。また、国の交付金の条件を変えるよう環境省に求めてきたこと、県からも要請してほしいと求めました。

 鳴門クリーンセンターの問題では、県が燃焼炉と認識している場所と鳴門市が考えている場所が違います。認識を正すこと、破損している温度計を早急に設置することなど助言している内容が改善されるよう強く求めてほしいと質問しました。早く改善するようしっかり助言していくとのことでした。鳴門市に設置されているのはガス化溶融炉です。24時間800度以上を保ち、ダイオキシンが出ていないか心配している住民の不安にきちんと対応するよう求めました。

                      地球温暖化対策しっかり進めるべき











 ふるた元則・四国比例代表合同事務所開き

 四国ブロック比例代表予定候補の浜川ゆり子さんも徳島県へ来て、事務所開きでした。夕方からでしたが、。たくさんの方が集まってくださいました。熱気溢れる事務所開きとなりました。

         

 事務所周辺にごあいさつ回り


 事務所開きの案内で、ふるた元則予定候補と共にごあいさつ回りに頑張りました。「消費税増税は止めてください。共産党を応援しています」など激励をたくさん頂きました。「しんぶん赤旗」を読んでくださる方も増えました。何としても勝利を勝ち取りたいと思います。










 事前の県土整備委員会

 堆積土砂の除去、公共施設の災害復旧などの補正予算が付いています。事業を行う箇所について問いました。要望を届けてきた木頭出原やその他那賀町の堆積土砂除去、川幅の拡幅など行うそうです。他の所でも事業の必要な箇所がたくさんあります。しっかり進めるよう求めました。

 小松島市大林町から阿南市津乃峰町の国道が、国道55号バイパスができたため、県道に移管される議案が出ています。側溝の破損箇所や歩道が改善されていないところ、交差点で危険な箇所などきちんと改良してから県道に移管すべきと求めました。県は、来年4月1日に県道に移管するので、それまでにきちんと改良できるところは国に求めていくとの答弁でした。

 生活再建特別支援事業については、被災された那賀町や阿南市加茂町などでは、同じような浸水被害を受けているのに、判定が違います。専門家の第3者にお願いして、判定作業をすべきではないのか問いました。しかし、県は、ほとんど判定は完了しているとの答弁で、見直して、再調査を求めていくようなことはしない感じでした。

 災害時の避難行動についての調査に100万円の予算がついていますが、情報伝達がどのように伝えられたかなど検証する予算だそうですが、詳しい情報をきちんと伝えるよう、中身も検証すべきと求めました。参考にするとのことでした。

                               










 二軒屋交差点で朝の街頭宣伝

 古田元則1区予定候補と共に街頭から訴えました。「10%への消費税増税中止、原発再稼働反対、秘密保護法と集団的自衛権行使容認廃止など安倍内閣の暴走をストップさせる選挙、何としても日本共産党を大きく伸ばしてほしいと訴えました。

        

        

 会長・幹事長会議と議会運営委員会

 政務調査費の水増し請求で、しかも自分で書き入れたという自民党の有持県議が辞職したことに伴う議会での手続きなどが議論されました。領収書の偽造で、児島元県議が辞職し、二人目。本当にあきれるばかりです。議会運営委員会では、総選挙に伴う日程変更などが提案されました。

 その後、会議の連続

 決めなければならないことがたくさんあって、本当に大忙しです。夜遅くまでかかっていろいろ決めました。










 徳島駅前での街頭宣伝

 お昼に古田元則1区予定候補と共に、徳島駅前で街頭宣伝を行いました。訴えが終わると、激励をしてくださる方がたくさんいました。うれしかったです。日本共産党の躍進を願ってくださる期待が感じられます。訴え抜いて、何としても議席を増やしたいと思います。

         
              がんばる古田元則1区予定候補

 第42回 「はたらく女性の徳島県集会」に参加

 第42回県集会に参加して、ご挨拶をさせていただきました。総選挙を女性の立場で、労働者の立場で、本当に働くみんなが報われる政治にするために力を合わせようと呼びかけられていました。私たち国民の立場に立った政治をご一緒に作っていきたいと思います。

 その後会議が続く
 
 
とにかく超短期決戦となる総選挙です。意思統一して取り組んでいこうとどの会議でも熱い論議が交わされました。

                             










 日曜市での朝の街頭宣伝からスタート

 ふるた元則衆議院1区予定候補、上村きょうこ県議予定候補と共に日曜市での朝の街頭宣伝から1日が始まりました。小選挙区1区予定候補の記者発表をして、初めての日曜市での訴えでしたので、たくさんの方々が激励してくれました。
 訴えの後、ごあいさつ回りをすると、「共産党しか、今の政治変えるまともな政党はない。頑張ってほしい」「応援します」など今までの選挙と違って、力を込めて激励してくださる方が増えています。何としても勝ち抜かなければと思います。

         
           激励に答えるふるた元則1区予定候補

 小松島、徳島市での街頭宣伝

 午後は、初めて選挙区となる小松島市の方へ街頭宣伝にふるた元則1区予定候補と共に行きました。ここでも「政策を一貫して訴えている政党は共産党だけじゃ」「他の党はどこもぼろぼろ。頑張ってください」などと大きな激励を頂きました。

 夜は、徳島大学教育学部体育研究室の同窓会

 大学卒業以来初めての同窓会が開催されました。お世話してくださった方のお話では、「初めてで最後か」と言っていましたが、何せ案内いただいたのは初めてです。恩師も生田豊先生、三浦武先生、中村久子先生の3人が参加してくださいました。総勢81人が参加して、本当に、なつかしい、にぎやかな同窓会となりました。私たちの席は、古い方から2番目のグループということで、若い方、現役の方々がほとんどでした。「地方創生とは?」「新町西再開発はどうなっているの?」など政治についても熱い論議となりました。

        

        
                 一緒に学んだ人達と










 浜川ゆり子四国比例予定候補、1区2区予定候補の3人が街頭から朝の訴え

 徳島駅前で、「消費税増税は先送りでなくきっぱり中止を」のビラを配った後、3人の候補が街頭から訴えました。私は司会を担当しました。

 上村きょうこ県議予定候補と共に訴え

 時間は少ししかありませんでしたが、2人で訴えに頑張りました。

 11時からは解散総選挙をうけての志位委員長の訴えをオンデマンドで視聴

        
           分かりやすく力強く訴える志位委員長

 午後からは打ち合わせ会議

 久保孝之徳島地区委員長が小選挙区2区候補になったので、仕事を分担して受け持つことも討議して、全力で頑張り抜く決意を固め合いました。










 上村きょうこ県議予定候補と共に朝の街頭宣伝

 二軒屋交差点で、上村きょうこ県議予定候補と共に総選挙勝利に向けて訴えを行いました。消費税増税、原発再稼働、辺野古への新基地建設、集団的自衛権行使容認、どの問題でも対決、対案、共同で頑張る日本共産党でこそ国民こそ主人公の新しい政治に変えることができます。今度こそ、四国に日本共産党の議席を奪還したいと思います。

        
           懸命に訴える上村きょうこ県議予定候補

 徳島県社会保障推進協議会の県への申し入れ

 大きく7項目について申し入れを行いました。医療・介護の問題について、子どもの医療費無料化、中学卒業まで拡大を、年金削減中止、消費税10%増税中止を、集団的自衛権行使容認に廃止をなどみんながそれぞれに思いを伝えました。
        
        
           みんなで思いを述べる申し入れ

        
              議会への申し入れ

 総選挙勝利めざす「党と後援会の総決起集会」

 四国比例代表予定候補は浜川ゆりこさん、小選挙区1区は古田元則県書記長、2区は久保孝之徳島地区委員長と決まりました。3人がそれぞれ衆議院勝利のために全力を尽くす決意を行いました。

        
 左からふるた1区予定候補、浜川四国比例予定候補、久保2区予定候補










 塀本市議と朝の街頭宣伝

 二軒屋駅前で、塀本市議と共に朝の街頭宣伝を行いました。塀本市議は、沖縄県知事選挙で辺野古基地反対の翁長候補が勝利したこと、那覇市、名護市の県議補欠選挙で、前日本共産党市議の候補が勝利したことを訴え、その勢いで総選挙勝利をと訴えました。

        

 両国通りのイチョウの木が真っ黄色に

        
            例年より黄色の色が鮮やかです

        
         水際公園の桜の木が紅葉して、とてもきれい

 会長・幹事長会議と財政レク

 12月1日が開会と決まりました。










 大忙しの1日でした まず日曜市での朝の街頭宣伝

 上村きょうこ県議予定候補と共に日曜市での朝の街頭宣伝に頑張りました。いよいよ総選挙へダッシュすることを訴えました。

        
            頑張る上村きょうこ県議予定候補

 建設労働組合の運動会へ

 熱気溢れる運動会に寄せていただき、山田豊さん、上村きょうこさん、手塚弘司さん3人の県議予定候補とともにご挨拶に回らせていただきました。「頑張ってよ」と大きな激励をたくさん頂きました。

        
    県下各地から参加した建労の皆さんの熱気に圧倒されました

 生活と健康を守る会まつりに参加

 毎年開かれる守る会まつり。今年もにぎやかに開催されました。うどん、おでん、ぜんざいを食べました。建労の運動会で、豚汁を食べていたので、もうお腹いっぱいでした。

 総選挙へ街頭宣伝

 時間は余り取れませんでしたが、上村きょうこ県議予定候補と共に街頭から訴えました。

        
          総選挙での躍進に向けて懸命に訴える私

 その後臨時の会議

 最後は臨時の緊急会議。本当に忙しい日曜日となりました。










 いよいよ 解散 総選挙!!

 情勢は緊迫しています。19日か20日には、解散。12月2日公示、14日投票ではないかと報道されています。自共対決、「対決」「対案」「共同」で頑張る日本共産党を大きく伸ばして、何としても「国民こそ主人公」の新しい政治に変えていきたいと思います。大きなご支援どうぞよろしくお願いいたします。

 八万クリーン作戦

 午前中は、八万幼稚園、小学校、中学校の希望する皆さん、保護者らが集まって、クリーン作戦に取り組みました。私も参加して、あいさつをさせていただいた後、中学生のみなさん等と一緒にゴミ拾いを行いました。きれいになると気持ちがいいですね。

 生活相談

 大きな大きな松の木が迷惑している(駐車場に松の葉が落ちる、車に松ヤニが落ちて困るなど)切ってほしいというのです。ちょうど水道工事で徳島市が木を切っているので、一緒に切ってほしいというのです。

         

         
           松ヤニが落ちたりして汚れて困っている車

 会議が続く

 夕方から会議。総選挙にむけて熱い論議が続きました。










 徳島駅前での朝の街頭宣伝

 山田豊、上村きょうこ両県議予定候補、古田元則書記長と共に徳島駅前で、朝の街頭宣伝を行いました。安倍政権が衆議院を解散し、総選挙が12月2日公示、14日投票で行われようとしています。自共対決、国民こそ主人公の新しい政治に変えていくチャンスです。何としても日本共産党を大きく伸ばすために全力で頑張り抜きたいと思います。

          100_2347
          力強く訴える山田県議予定候補、上村きょうこ県議予定候補と

 ごあいさつ回り

 上村きょうこ県議予定候補と共に、ご近所へごあいさつ回り。「しんぶん赤旗」のご購読をお願いしました。3人の方が購読してくださいました。

 母親大会実行委員会の反省会

 1年間頑張ってきた方々の日々取り組んでいることなど出し合い、おいしい料理を頂きながら交流しました。楽しいひとときでした。

                                










 朝の街頭宣伝

 方上交差点で、今日はわたなべ亜由美市議予定候補と共に朝の街頭宣伝を行いました。わたなべ亜由美市議予定候補は、7市町村のゴミを佐那河内の山の中に持って行こうとしている問題について、また新町西再開発問題について訴えました。私は、安倍内閣の暴走政治について、解散総選挙についてなど訴えました。

         

         

 午前中は国会要請へのまとめ、午後は母親大会で出された要望を県へ申し入れ

 午前中は、国会要請に出す要望について、達田県議と共にまとめました。そして午後は、母親大会で出された要望について母親大会実行委員会の皆さんたちと共に県へ申し入れを行いました。

         
     あいさつをする有川事務局長 手前左側右から私、達田県議










 我が家の皇帝ダリアも咲きました

 毎年咲く皇帝ダリア。8月始めの台風で、一旦はぽっきり折れて新しく出てきた茎が再びすうっと伸びて、咲いたのです。その生命力すごいですね。

        

        










 二軒屋交差点で朝の街頭宣伝

 上村きょうこ県議予定候補、古田元則書記長と共に、二軒屋交差点で朝の街頭宣伝を行いました。安倍政権の暴走政治について訴えました。

         
         ハンドマイクで訴える上村きょうこ県議予定候補と

 午後は恒例の会議、夜も会議

 恒例の会議でさまざまな課題について熱く論議しました。










 朝の街頭宣伝

 二軒屋駅前で、塀本市議と共に朝の街頭宣伝を行いました。塀本市議は、新町西再開発の問題点、署名運動について訴えました。私は、佐那河内のゴミ焼却場問題について、11月21日に国会要請することなど訴えました。

          

 県議団会議

 達田県議と9月議会の県議会報告の校正を行い、今週中に完成の方向です。本当に良かったです。それと21日に行う国会要請に提出する質問事項など打ち合わせをしました。

 午後は会議

 恒例の会議に参加して、さまざまな課題について論議しました。









 日曜市での朝の街頭宣伝

 上村きょうこ県議予定候補と共に、日曜市で朝の街頭宣伝を行いました。上村きょうこ県議予定候補は、医療・介護総合法の問題点、消費税増税中止、佐那河内のゴミ焼却場問題など訴えました。たくさんの方が激励してくれました。

        

 紅葉が進む

        
     日曜市の側の冷田川沿いの桜は紅葉が進んでいます

 その後、歓迎会、午後と夜は恒例の会議

 1日中次々予定があり、忙しい日となりました。









 ゴミ焼却場問題で佐那河内でビラ配布

 急に問題となってきた焼却場問題。村民にも村議会にも全く知らせず、秘密裏に進めてきたゴミ焼却場問題。33分別、リサイクルを進めている佐那河内の循環型リサイクル社会が後退してしまいます。

 ゴミは、自区内処理が当たり前、特別徳島市が最も多くのゴミを出しているのです。それを最も分別が進んでいる佐那河内の山の中につくろうとすることは許せません。Mさん、Sさんとともにビラ配布に頑張りました。なかなかでした。

         
      常会ごとにゴミステーションがあり、33分別ができています

 午後は恒例の会議

 赤旗まつりでの志位委員長の記念講演「この党を大きくすることに日本の未来はかかっている」のDVDをみんなで視聴しました。大変元気をもらいました。

         
            熱弁をふるう志位和夫委員長









 朝の街頭宣伝

 徳島駅前で、山田、上村両県議予定候補、古田元則書記長と共に朝の街頭宣伝を行いました。消費税10%への大増税、沖縄の辺野古への基地移転、原発再稼働、集団的自衛権行使容認、社会保障改悪など安倍内閣の国民無視の政治を止めさせるために頑張ることなどみんなが訴えました。
 私は、寄せられる要望や生活相談の解決のために全力を尽くすことや国へ要望を届けることなど訴えました。

         

 阿南市の相談の現地調査に

 達田県議と共に、まず国土交通省が行っている津波対策の現地での疑問があるという相談がありましたので、調査に行きました。Sさん達から説明を受けました。午後に那賀川河川整備局へ行き、説明をしていただきました。また、自分の土地でないのに大きな岩や壊れた土管などを置き、自分のものにしている現場も見て回りました。

         
   市道が高いところを走る場所に水を送り出すポンプをつくるところ
 
 ゴミ捨て禁止の看板があるのに捨てています

         

         









 朝の街頭宣伝

 方上交差点で、わたなべ亜由美市議予定候補と共に朝の街頭宣伝を行いました。わたなべ亜由美市議予定候補は、集団的自衛権行使容認について、女優市原悦子さんの言葉を引用しながら訴えました。また、消費税増税をしなくても財源は作り出すことができると日本共産党の提案を訴えました。

        
         懸命に訴えるわたなべ亜由美市議予定候補

 鳴門市クリーンセンターの問題について

 疑問点があるということで、上田鳴門市議とIさんと共に、県の担当課の方々に要望を届けました。いろいろ調査もお願いしました。

        
             鳴門市クリーンセンター HPから拝借









 ふるたみちよだより

 今日は、多々羅川の溢水対策や道路改良についての生活相談、日本共産党が12日間徳島駅前等で義援金を呼びかけ、お預かりしていた災害義援金を那賀町と阿南市へ届けたことなどまとめました。

 9月議会 県議会報告の作成

 達田県議と共に、9月議会の県議会報告作成に頑張りました。達田県議の本会議質問、委員会で取り上げた質問などをまとめました。レイアウト、印刷などをお願いする印刷会社とも連絡を取り、文書、写真等を送付しました。1日かけて、作成しました。仕上がって良かったです。

                               









 羽田空港に滑り込みで徳島へ帰る

 うっかりホテルから羽田空港へ向かう方向を間違い、戻ったりしたため、滑り込みで羽田空港に到着。検査も優先でしていただき、やっとの事で、徳島への飛行機に乗れました。本当に良かったです。午後の会議に間に合いました。

 赤旗まつりの3日間は、徳島の名産「竹ちくわ」の販売に!!

 「珍しい竹ちくわ、とてもおいしい竹ちくわ、いかがですか」と3日間、大きな声を張り上げて販売してきました。おかけで声はつぶれてしまいました。竹ちくわの他、藍染め、阿波和三盆糖、鳴門わかめ、鳴門金時、すだち、ゆずぽんずなど並べて販売しました。3日間で15万人の方々が会場の「夢の島公園」に駆けつけてくださいました。

 全国47都道府県の物産展、後援会の物産展などたくさんのお店が、いっぱい並んで、本当に賑わいました。2日目の日曜日は、500台のバスが次々と訪れ、目的地に行こうにも歩けないほどのにぎわいでした。県の担当課から頂いた大きなポスター、特に、若い人に好評だったのが、アニメのポスター。少し破れたりしていたのですが、どうしてもほしいといわれ、プレゼントしました。

 



1日











 第41回 赤旗まつりに参加してきます

 県の観光課の方から、物産展に飾る観光ポスターをいただき、阿波踊りのCDをお借りしました。ご協力ありがとうございました。徳島の特産品をしっかり販売し、全国の皆さんにアピールしてきたいと思います。