ふるたみちよの活動日誌
(2016年 1月)
昨年以前の日誌はこちらから
2014年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

今年の過去記事はこちらから

1月



30




 午前中は、2000万署名など訴える宣伝行動

 八万の後援会の皆さんと2000万署名などに取り組みました。会えてお話しできた方は、ほとんどの方が「戦争は絶対駄目だ」と署名に協力してくれました。

 徳島駅前での昼休み宣伝行動に参加

 土曜日は日本共産党の当番です。駅前での宣伝行動に参加して訴え、署名もお願いしました。たくさんの方が協力してくれました。戦争法廃止のために全力で頑張ります。

          

          
               訴える古田元則県書記長



29




 徳島市長選挙に立石かずひこ弁護士を

 私たちは、徳島市長選挙に「新町西再開発の白紙撤回を掲げている立石かずひこ弁護士」を自主支援することを決め、全力で取り組んでいるところです。立石弁護士は、40歳。PTA会長を務める中で、子どもたちの教育環境を良くしなければと決意され、そのためには、むだ遣いの新町西再開発は何としても白紙撤回しなければと立候補を決意されたそうです。できる限りの取り組みを強めていきたいと思います。

             
                 立石弁護士



28




 みかじり亮子参議院選挙区予定候補と共に丈六での朝の街頭宣伝

 みかじり亮子参議院徳島・高知選挙区予定候補、渡邊亜由美市議、中野一雄元市議、多家良後援会の船越さんと共に朝の街頭宣伝を行いました。それぞれが戦争法廃止、徳島市長選挙勝利のために全力を尽くす決意を訴えました。いつも以上にたくさんの方が激励してくれました。

        
  熱く訴えるみかじり亮子予定候補(左から中野、三ヶ尻、渡邊、船越の各氏)

        
             中野一雄元市議が撮ってくれました

 夜は集金と地域の会議

 
赤旗の集金に寄せていただくと、本当に久しぶりに会えた人もいて喜んでくれました。相談も寄せられました。県議、市議にも相談して解決に向けて取り組んでいきたいと思います。



27




 25日民主党への申し入れ、4野党とオール徳島懇談会の話し合い

 野党統一候補実現へ何としても力を合わせようと日本共産党が申し入れを行いました。その後、オール徳島懇談会と民主党、共産党、社民党、新社会党の4野党が統一候補樹立へ向けて懇談を行いました。マスコミからも大変注目されています。テレビでも大きく放映されました。

         
   民主党への申し入れの後、インタビューに答える上村県委員長

 日本共産党は、真剣な協議と共同ができるように願って、野党の選挙協力 真剣な政党間協議を呼びかける 志位委員長が記者会見を行っています。国民の世論と運動を盛り上げ、成功させるために全力を尽くす決意です。

 赤旗日曜版の仕分け

 水曜日は大忙し。みんなでいつものように仕分けに頑張りました。



26




 春名なおあき参議院比例代表予定候補を迎えての「つどい」

 四国・中国9県を駆けめぐり、訴え抜いている春名予定候補。戦争法をめぐる問題、改憲問題について普天間基地問題、消費税10%増税など、さまざまな問題についてまとめて報告してくださいました。大変よく分かりました。2000万署名をやり揚げ、何としても野党共闘、参議院選挙勝利に向けて頑張り抜こうと訴えられました。

        
 新聞や週刊誌での共産党の報道記事を用いて語る春名なおあき比例予定候補

 市民劇場「真夜中の太陽」を観劇       

 久しぶりに市民劇場を観ることができました。戦争は本当にみんなの願いを奪ってしまうものだということが劇を通じてよく分かるお話でした。



25




 何年ぶりかの大雪

 本当にすごかったですね。私は、午後4時からの会議まで、すっぽりこたつの中で過ごしました。家の周りは雪で、凍った道、中から大変だと外を眺めながらいました。しかし、4時からの会議は大事な会議でしたので、参加しました。24日から降り続いた雪は、大分積もりましたね。

         
          地区事務所の2階から見た雪景色 24日午後
         
         
           事務所の中庭も雪がいっぱい

 


24




 仲間を迎えて歓迎会

 本当に嬉しいですね。午前中は、仲間を迎えてみんなでお祝いしました。「勉強して、できることをしっかりとやっていきたい」「テレビで国会中継を見ていると、弱者の味方で厳しく追及しているのが日本共産党だということがはっきりと分かった」などと仲間になったいきさつを語ってくれました。力を合わせて共にがんばっていこうと決意を新たにした歓迎会となりました。

 雪がどんどん積もる

 止んでいた雪が午後また降り出しました。事務所周辺の家の屋根や裏庭、木々にもたくさんの雪が積もっていきます。午後5時過ぎからの会議、大丈夫かなと思いながら、降りしきる雪を眺めています。



23






 2000万署名の取り組み

 戦争法廃止、参議院選挙で野党が統一して取り組むためにも何としても2000万署名を成功させようと八万の佐藤さんと地域を回りお願いしました。「戦争法は絶対廃止せないかん」「頑張って」「寒いときに大変やな。平和を守ってほしい。」などと署名して、応援してくれました。しんぶん赤旗もお勧めしました。

 「市長選挙もありますね。新町西再開発は止めてほしい」「むだ遣いをただしてほしい」などと要望を寄せてくださる人もいました。市長選挙では、日本共産党は「40歳の立石弁護士を自主支援することを決め、頑張っています」など説明しました。

                                    



21




 渡邊亜由美市議と共に朝の街頭宣伝

 丈六町での朝の街頭宣伝に頑張りました。渡邊市議は、市長選挙の争点について、立候補を表明している3候補の政策などについて訴え、立石予定候補を自主支援することを決めたことなど訴えました。私は戦争廃止の運動と世論を大きく広げていこうと訴えました。たくさんの方が手を振ったりして応援してくれました。本当に嬉しいですね。

         
           寒い朝でしたが懸命に訴える渡邊市議

 市長選挙、立石弁護士の自主支援決める

 新町西再開発問題で白紙撤回を掲げて頑張っている立石氏の応援を決め、取り組むことになりました。何としても立石氏の当選めざし、共に頑張りたいと思います。



20




 雪が積もる神山へ

 月1回神山での宣伝行動に取り組んでいます。今回は久保地区委員長、眞田さんと私3人でがんばりました。戦争法廃止に向けて、野党共闘、参議院選挙で統一候補擁立に協議と合意を作り上げるために運動と世論を広げていこうと訴えました。2000万署名にも取り組みました。

        
            心を込めて訴える久保地区委員長

        
          日陰になっている側はいっぱいの雪

        
            昼食を食べた喫茶店のベランダ



19




 19日行動、戦争法廃止求める昼休み宣伝行動に参加

 9月19日の強行採決許さないために「19日行動」を呼びかけ、行っています。足がほとんど治ったので、私も参加して、戦争法廃止の思いを示しました。憲法共同センターに所属する団体の皆さんが参加して、共に決意を新たにしました。

         
               訴える古田元則県書記長

         
               2000万署名を集める私
         
 午後、夜は連続して会議

 参議院選挙、徳島市長選挙、藍住町議選挙など当面する選挙の取り組みなどについて熱い論議となりました。



18




 平和ミュージアム実行委員の反省会と新年会

 平和ミュージアムを成功させるために頑張ってきたみんなで反省会兼新年会があり、私も参加して交流しました。展示もけやきホールでの催しもすべて素晴らしいできばえで、本当に良かったという声がたくさんありました。私も本当に良かったと思います。次につなげていくためにも5年後、10年後に開催してはどうかと提案しました。
 「平和」を次の世代へと引き継ぐために、さらに頑張っていきたいなと思います。



17




 2016年参議院選挙、市長選挙勝利めざす新春のつどい

 毎年開催している「新春のつどい」、今回は、参議院徳島・高知選挙区予定候補のみかじり亮子さんも招いて開かれました。平和を何としても勝ち取ろう、野党は共闘、2000万署名成功のために全力で取り組んでいこうなど意思統一がされました。とても元気の出るつどいになりました。

        
        県議・市議と共にご挨拶をするみかじり亮子候補



16




 藍住町議選挙必勝をめざして党と後援会の決起集会

 2月9日告示、14日投票で藍住町議選挙が行われます。必勝めざす決起集会が行われましたので参加しました。何としても林町議の4期目の当選をとみんなで頑張りました。決起集会の後、佐藤さんとともにビラ配布に頑張りました。
 「共産党大好き。応援しています」「林さんは本当にいい人じゃ」「頑張ってください」などたくさんの激励を頂きました。何としても日本共産党の議席守り抜くために全力で頑張り抜きたいと思います。

       
          必勝めざし、決意を述べる林町議

       

 戦争法廃止めざす昼休み行動

 12時半からの昼休み宣伝、2000万署名に取り組みました。ビラ配布を終えた後、徳島駅前に大急ぎで駆けつけました。宣伝行動は、本当に久しぶりです。足の手術でしばらく参加できていませんでした。また頑張っていかなくてはと思います。

 四国4県の学習・交流会に参加

 午後、夜は、高知県での第64回日本母親大会開催に向けて、四国が一つで取り組んでいくために思いを固め合いました。高知、愛媛、香川からもたくさん参加して熱い論議となりました。

      
       横山良神戸大学名誉教授を招いての学習会



15




 午前中はブロック会議

 2000万署名や参議院選挙、徳島市長選挙などについて、どのように取り組んでいくのかなど論議しました。民主党、社民党、生活の党など野党が統一して、「国民連合政府」を実現させるためには、何としても署名目標を成功させることが必要であること、そのために工夫した取り組みが必要だなど論議しました。

                                    


 野党の選挙協力 真剣な政党間協議を呼びかける 志位委員長が記者会見

 日本共産党の志位和夫委員長は14日、国会内で記者会見し、衆院北海道5区補選(4月)や参院選(7月)での野党間での選挙協力問題について問われ、「候補者を一本化するためには真剣な政党間の協議をおこない、しっかりした合意をつくることが必要だ。いま、真剣な協議に入るか入らないかが問われている」「野党共闘のための、真剣な協議に入ることを、私たちは強く呼びかけたい」と強調しました。


写真

(写真)記者会見する志位和夫委員長=14日、国会内

 志位氏は「野党が候補者を一本化してたたかうことが大事なことはいうまでもない。ただ、野党はそれぞれ立場があって、候補者を立てている。だから、その候補者を調整して一本化しようとしたら真剣な協議としっかりとした合意が必要だ。協議抜きの一本化はできない」と力説。「(参院選では)全国32の1人区があるのだから、全国的規模で選挙協力をやろうとしたら、どうしても中央段階で、政党と政党の協議が必要となる。選挙協力の具体的な協議もそこでやっていく」と述べました。

 そのうえで志位氏は、「真剣な協議に入れば、双方の政治的な合意が問題になる。私たちは『国民連合政府』が必要だという考えに変わりはないが、これをどう扱っていくのかも含めて話し合いをやろうと言っている。協議の中で一致点を見いだしていけばいい。安保法制=戦争法を廃止し、立憲主義を回復するという政治的大義を確認することが必要になる」と述べました。

 さらに志位氏は、政党間協議が行われる可能性について問われ、「先方の決断いかんで進む」と述べました。
                       1月15日のしんぶん赤旗日刊紙





14




 朝の街頭宣伝

 なかなか足が治らなかったため、しばらく休んでいました。丈六町での朝の街頭宣伝を本当に久しぶりに行いました。渡邊亜由美市議と共に頑張りました。渡邊市議は、徳島市長選挙や戦争法廃止、新町西再開発問題など幅広く訴えました。私も戦争法廃止、そのために世論と運動を広げようと訴えました。久しぶりなので、たくさんの方が激励してくれました。

         
          朝日を背に受けて訴える渡邊亜由美市議

         

 2000万署名と参議院選挙勝利めざして

 国府の伝住さん、久保地区委員長と共に事務所周辺をごあいさつ回りし、2000万署名のお願いをしていきました。留守のお家が多かったですが、会えると署名に協力してくれました。2000万署名を何としても成功させるために続けていきたいと思います。



13




 みんなで赤旗日曜版の仕分け

 水曜日は、赤旗日曜版の仕分けです。機関紙担当のTさんが都合が悪いので、みんなで協力しながら仕分け作業をしていきました。いろいろハプニングもありましたが、無事作業を終えることができました。本当に良かったです。

                                     

 榎本浩一さんのお仏前に

 若いときから、本当にお世話になった榎本さんのお家をお伺いして、ご仏前にお参りをさせていただきました。昨年末の12月27日に亡くなられたそうです。お葬式をご家族で済まされてから教えていただきました。なかなかお伺いできていませんでした。今日お伺いすることができました。



12




 恒例の会議と夜は地域の会議

 参議院選挙、徳島市長選挙、藍住町議選挙などいろいろな課題について、どのように取り組むか論議しました。また、2000万署名を成功させるために、どのような取り組みをすべきか具体的に論議しました。しっかりと頑張っていきたいと思います。

                                     

 1週間ぶりの診察

 5日から1週間たった今日、足の治り具合を見てもらいました。新しい角質ができてきているとのことで、あと少しです。お風呂も普通にはいることができるとのことです。本当に良かったです。



11




 サクランボの木を切る

 毎年たくさんの実をつけてくれるサクランボの木は、植えてから30年くらいなるでしょうか。どんどん伸びて家の2階よりも大きくなったので、屋根の瓦に影響が出るということで、富森さんに切ってもらいました。上にも高く伸びすぎているのですが、今回は、屋根の方の分を切ってくれました。すっきりきれいになりました。本当にお世話になりました。

         
           屋根の方の分はすっきり切ってくれました

         
         燃えるゴミに出せるよう細かく切っていきました



10




 映画「戦場ぬ止み」観賞

 辺野古新基地建設反対、東村高江の闘いのドキュメントです。以前に座り込みをした辺野古も高江もどんどん建設のための工事が進められている現状を見て、本当に胸の痛む思いでした。また何歳になっても命を賭けて戦っているおじい、おばあの姿には、本当に感動しました。本土にいる私たちに何ができるのかを考えさせられる映画でもありました。若い子どもたちが両親と共に闘いの中で素晴らしい成長を遂げていることにも感動しました。          

 

 普天間基地の負担軽減などといいますが、そうではありません。米軍のための新たな戦略のための新基地建設なんだというお話もよく分かりました。沖縄の方々と共に新基地建設反対の声をしっかり広げていきたいと思います。

 会議と集金

 恒例の会議に参加して論議した後、年末に回れていなかった集金に新年のご挨拶をかねて回りました。今日は、早く終わりにしたので、足は大丈夫でした。少しずつ回復していると感じます。








 恒例の会議、県後援会事務局会議、渡部ブロック会議

 今日は、恒例の会議、県後援会事務局会議、渡部ブロック会議と会議が連続してありました。参議院選挙の取り組みについて、市長選挙の取り組みについて、2000万署名の取り組みについて、藍住町議選挙についてなどたくさんの課題について論議しました。熱い論議が続きました。

                                      








 北朝鮮の水爆実験、絶対に許せません
 国連安全保障理事会が、制裁強化などの新たな決議採択へ

 国連安全保障理事会は6日午前11時(日本時間7日午前1時)、北朝鮮の水爆実験発表を受けて緊急会合を開き、核実験を強く非難するとともに、制裁の強化を視野に入れた新たな決議の採択へ直ちに作業を開始することで一致しました。報道機関向け声明で明らかにしました。

 会合開催は、日本と米国、韓国が共同で議長国ウルグアイに要請しました。

 声明は、核実験について、すべての核兵器および核計画の放棄、これ以上の核実験の中止を求めた一連の安保理決議に「明確に違反している」と批判。「国際の平和と安全にとって明白な脅威が存在し続けている」と指摘しました。

 そのうえで、2013年3月に全会一致で採択された安保理決議が、北朝鮮が再び核実験をした場合に「さらに重大な措置をとる決意」を示していたことに触れ、「この約束と決議違反の重大さを踏まえて、安保理は新しい決議に向けた作業に直ちにとりかかる」としています。

 潘基文(パンギムン)国連事務総長は6日の会見で、国際社会が核実験をやめるよう一致して求めてきたにもかかわらず、北朝鮮は「数々の安保理決議を再び踏みにじった」と批判。「こうした行為は地域の安全を不安定にし、核不拡散の努力を弱める」と述べ、北朝鮮に対し、これ以上のいかなる核活動もやめ、検証可能な非核化へ義務を果たすよう求めました。


 全戸配布ビラなどの仕分け

 参議院選挙勝利へ向けて、さまざまな課題があります。その一つ、年末に事務所に届き、積んでいた全戸配布ビラなどの仕分けを頑張りました。多くの皆さんの力をお借りして、お届けしたいと思います。








 しんぶん赤旗日曜版の仕分け

 水曜日は大忙し。日曜版に織り込むいろいろな行事のお知らせなどをするビラなどを分け、そして、日曜版が届くとすべてをセットしていきます。みんなで頑張って取り組むので、要領も良くなり、だんだん早く終えることができるようになりました。

 年賀状のつづき

 遅くなりましたが、残っていた年賀状を一気に書き上げました。県議時代には、なかなかきちんと書くことができなかった大学時代の友人などへ頑張って送りました。区切りがついて、ほっとしています。良かったです。

                                    








 抜糸の後、最初の診察

 お医者さんがお正月休みだったため、今日が診察になりました。抜糸してから、少し溜まっていたのか出血があり、痛みも少しずつ増して、炎症を起こしていたようです。治療の薬と抗生物質など処方してくれました。完全に早く治したいと思います。

 財政活動

 恒例の会議と財政活動の仕上げに頑張りました。夜遅くまでかかりました。








 和歌山の孫達を送る

 中学2年生になる孫娘の学校は6日始まり。授業時間の確保のために早く始まるそうです。孫達を港へ送りました。

 年賀状のつづき

 孫達を送った後、残っていた年賀状を書き続けました。一生懸命書きました。

                                  








 子ども達、孫達と小旅行

 2日、3日と総勢8人で井川のスキー場へ行きました。長男の所の孫はまだ1歳半余り、そり遊びで、パパに一緒に滑ってもらって大喜びでした。とても良く笑い、もりもりたくましく食べる子になっていて、それにも本当にビックリでした。元気に育ってほしいなと思いながら、私たち夫婦は見守っているだけでした。

         
                とても喜んでいる孫

         
             元気いっぱい歩き回る孫の「空くん」

 夜は生光学園小学校の教え子達の同窓会

 31歳になる教え子達が同窓会を行い、お招きいただいたので、参加して、近況報告など交流し合いました。立派に成長した子どもたちに嬉しく、また同僚の皆さんにも会えて良かったです。
         
         







 新年明けましておめでとうございます

 2016年が明けましたね。今年は、みんなの力で、戦争法廃止、立憲主義を取り戻す、そのために野党が大同団結して、安倍政権に変わる新しい政府を作る年に何としてもしたいですね。夢を持って進んでいこうではありませんか。私も微力ですが全力で頑張る決意です。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 今日は年賀状づくり

 もっと早く作ろうと思っていましたが、演説会の取り組み、年末対策と忙しい毎日で、結局今日になってしまいました。ずっとご無沙汰してしまっている方々に近況報告で送りたいと思います。しかし、肩こりがひどく、どこまで書けるかなと心配です。まあ、こつこつ書いていくしかないですね。